« Hairspray(ヘアスプレー) | トップページ | JFKふたたび »

2006年12月31日 (日)

WICKED(ウィケッドまたはウィキッド)

Gershwin

30日20時00分~22時40分
Gershwin Theatre

さて、いよいよ今回の旅行最後のイベントとなる「WICKED」だ。この旅を思い立ったきっかけは「Tarzan」だったが、最大の目的はこの「Wicked」の鑑賞である。まだ発表されていないものの、来年、劇団四季による上演が決まっている。もめて白紙に戻らなければだけど。

少しネタバレになるので、あまり先入観を持たずに日本公演に臨みたい人は、読まないほうがいいでしょう。

「オズの魔法使い」に登場する“北の良い魔女”グリンダと、“西の悪い魔女”エルファバが、実はかつて友達だったという設定で語られる、オズの魔法使いの前日譚とも言うべき作品。美人で要領がよく、友達も多いグリンダと、全身が緑という容姿と、複雑な生い立ちから暗く引っ込み思案な性格のエルファバ。対称的な二人を中心にストーリーが展開していき、なぜエルファバは悪い(Wicked)魔女になってしまったのか、そもそもエルファバは本当に悪い魔女なのか、考えていくという内容だ。

先日ユニバーサルスタジオ・ジャパンで上演されている、30分ほどのダイジェスト版を観てきたが、あのダイジェスト版は実は一幕のダイジェストであり、二幕の要素は入っていない。

一幕は明るく楽しいシーンが多く、その意味ではテーマパークでの上演にもぴったりだ。しかし二幕は意外にもシリアスな展開が続く。ディズニーのブロードウェイ進出に触発され、ハリウッドプロデューサーのマーク・プラットが仕掛けた舞台であることと、USJ版の印象から、「美女と野獣」のような脳天気なエンターテイメントかと思っていたが、完全版を観ると少し印象が異なり、同じディズニーで言えば「アイーダ」のような、じわじわとその魅力が伝わってくる側面があることが分かった。これは、二度、三度と鑑賞したい舞台である。音楽も耳に馴染みやすい名曲がそろっており、日本公演が大いに楽しみになってきた。もめないでほしい。

USJ版を観たとき、とにかくこの舞台はグリンダとエルファバの演技合戦がポイントになりそうだ、と思ったが、それは想像以上だった。ほとんどこの2人の演技が全てといっていい。そうなると、いったい四季で誰が演じられるのかが問題になる。上演中、実は頭の半分でずっとそれを考えていた。

エルファバ役にはオリジナル側も相当の思い入れがあるらしく、注文がうるさそうだ。USJでも外国人キャストによって演じられている。しかし、四季の女優陣を観れば、エルファバにはあまり事欠かないような気もする。直感的には濱田めぐみ。しかし他にも演じられる人は多そうだ。

問題はグリンダである。上にも書いたとおり「美人」というのがネックだ。四季には、正当派美人というより、ちょっと微妙な感じだけど魅力的、という人が多い。ずっと考えていたが、どうもグリンダのイメージにぴったりの女優がいないのだ。むしろ、濱田にグリンダを演じてもらって、エルファバを誰かに任せたほうがいいかもしれない。やや強引に他の候補を考えてみると、「アイーダ」のアムネリスに少しかぶる面もあるので、佐渡寧子、五東由衣はいけるかもしれない。

さらに問題なのが、グリンダとエルファバのバランスである。片方がベテラン、片方が新人、というわけにもいかないだろう。バランス重視で考えると、例えば井上智恵グリンダ×濱田めぐみエルファバ、というのも悪くない。四季にはもっとベテランもいるが、この舞台で、二人はずっと「学生(のような年齢)」である。正直、それ以上のベテラン勢の起用は考えにくい。やるかもしれないが、できれば避けてほしい。

やはりひいき目ではあるが、樋口麻美エルファバ×木村花代グリンダ、これを期待したいところだ。問題はグリンダにかなりのコメディセンスが要求されるところで、これまであまりコメディ作品に出演していない花ちゃんがどこまでそれを発揮できるかがポイントになる。ぜひ大阪出身の芸人魂が開花することを願う。コメディセンスといえば吉沢梨絵だが、歌の負荷が相当きついので、今回の出番はなさそうだ。

もう一歩下の年代、たとえば沼尾みゆきのグリンダなんてどうだろう?意外と苫田亜沙子グリンダはイメージに近いかも?しかしそうなるとエルファバ役を受け止められる女優がいない。

日本公演開幕まで、まだ時間はある。わくわくしながら、あれこれ考えて待つことにしよう。だから本当にもめないでください。いや、決裂して東○で上演、なんてことになったらそれはそれで選択肢が広がっていいか?堀内敬子グリンダなんて見たいよな。そのときにはエルファバは・・・。

妄想は尽きない。しかし妄想しがいのある作品なのは確かだ。

|

« Hairspray(ヘアスプレー) | トップページ | JFKふたたび »

コメント

公式の特別ページ見ましたが、おっしゃるとおり断然「エルファバ=濱田さん」な気がしました。
問題はグリンダ争い…。
歌の要素が結構ある演目ですね。待ち遠しいです。

投稿: fudoh | 2007年1月23日 (火) 21時54分

そうなんですよ!やはりエルフィー単独ならめぐ様。でもそれがあまりにはまり過ぎで、それを受け止められる女優が四季の中に思い浮かばないのです・・・

投稿: ヤボオ | 2007年1月24日 (水) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/13276098

この記事へのトラックバック一覧です: WICKED(ウィケッドまたはウィキッド):

« Hairspray(ヘアスプレー) | トップページ | JFKふたたび »