« タイムズスクエア到着 | トップページ | Dr. Seuss' How the Grinch Stole Christmas! The Musical(グリンチ) »

2006年12月29日 (金)

New York Marriott Marquis Times Square(マリオット・マーキース)

今回のホテルはタイムズスクエアの正面、劇場街のど真ん中にそびえる、巨大な吹き抜け構造の「マリオット・マーキース」だ。

多くの劇場に3ブロック程度で行けるので、ミュージカル目的の旅行にはうってつけの立地だ。料金は安くはないが、マンハッタン、特にミッドタウンのホテルは年間を通じて軒並みアンビリーバブルな価格であり、ここがほかと比べて突出しているわけではない。

飛行機が予定どおり到着し、タイムズスクエアには11時ごろ着いてしまった。まだ部屋には入れてくれないだろうと思ったが、用意してくれるという。バリアフリー対応に改装した部屋なので、ほかに比べてベッドやトイレなどの高さが低いがいいか、と聞かれたが、断る理由はない。

フロントの人がフレンドリーだったので、一応確認しておこうと思い「ハイスピード インターネット アベイラブル?」と聞くと、「もちろんだ。ロビーではWiFiも使えるぞ」と自慢げに応えた。電話で申し込むようなことになると面倒なので、ここで今申し込みたいと言うと、それじゃアクティべートしといてやるよ、と言ってくれた。(←いかにも英語で会話をしているように書いているが、実際には先方がこっちの意図をエスパーのように汲み取ってくれている)ちなみに料金は1日あたり16.95ドル。高めだが、市内電話かけ放題と、一定の市外電話料金が含まれる。

キーをもらって部屋に向かう。ここのエレベーターは渋滞解消のため、まずパネルでフロア数を押し、指定されたリフトに乗る、というシステムになっている。

部屋に行ってみると、安いレートで予約したにもかかわらず実に広々としたステキな部屋だ。バリアフリー工事が完了しているので段差もなく、ベッドも海外でときどき出くわす、よじ登らなくてはいけないようなものではない。

Marriott01

このホテルで人気のあるのはタイムズスクエアに面した部屋だが、さすがにそうではない。しかしこの部屋からもハドソン川が見えて、なかなかグッドビューではないか。

Marriott02

フロントの人が手続きをしてくれたのか、あるいはもともとそういう仕組みなのかわからないが、ネットは何のチェックもなくあっさりつながった。かなり快適な環境だ。これで、日本から限りなくデスクトップに近い、とてつもなく重いラップトップを持ってきたかいもあるというものだ。

マリオット・マーキースのホームページ

http://marriott.com/property/propertypage/NYCMQ

|

« タイムズスクエア到着 | トップページ | Dr. Seuss' How the Grinch Stole Christmas! The Musical(グリンチ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/13300223

この記事へのトラックバック一覧です: New York Marriott Marquis Times Square(マリオット・マーキース):

« タイムズスクエア到着 | トップページ | Dr. Seuss' How the Grinch Stole Christmas! The Musical(グリンチ) »