« 四季「キャッツ」キヨミチ軍団総攻撃 | トップページ | たこ焼きミュージアム »

2006年11月12日 (日)

映画「時をかける少女」

今年は「涼宮ハルヒの憂鬱」のおかげで、かつて筒井康隆や豊田有恒、眉村卓らが作り上げられた日本独特のSFジュブナイル文化が現在のコンテンツ産業の根幹にあることを考えさせられた。

そこに、SFジュブナイルの最高傑作とも言われる「時をかける少女」がアニメーションで復活。なにやら時代がひとつの方向を向いているようだ。

「時をかける少女」といえば、大林宣彦監督の映画版が有名だが、それが「ジュブナイル最高」の称号を得たのは、NHKの「少年ドラマシリーズ」で「タイム・トラベラー」として映像化され、それが多くの人の心に残ったことが大きい。今回の映画のパンフレットによれば、同ドラマは最終回以外の映像が紛失しているそうで、もう観ることはできないのだそうだ。なんとも残念だ。

さて、この映画は原作の姪にあたる女子高生を主役に据えたオリジナルストーリーだ。しかし主人公に2人の男子が絡み、そのうち1人が未来からの旅行者であるなど、原作のエッセンスが生かされている。

詩的な映像で綴った大林版とは異なり、貞本義行がデザインを手がけたキャラクターとスピーディーな演出で、アップテンポに楽しく展開していく。「時をかける少女」は、時間航行を素材にした作品では避けて通れないタイム・パラドックスをきちんと整理し、物語の中に破綻亡く収斂させている点において、優れたSF作品である。この映画でも、やや大風呂敷を広げながら、最後にはきちんとつじつまを合わせており、SFとしての折り目を守っている。そして同時に、澄んだ映像と緻密な背景描写、フレッシュなキャストらにより、高校生映画らしいみずみずしさを十分に演出している。これはSFジュブナイルの映画としては大成功ではないか。今年は邦画がなかなかの当たり年だが、これも豊作のラインナップに加えていいだろう。

さて、この映画を見ていて、ある作品との奇妙な符号に気付いた。1980年代後半、家庭用ビデオデッキの普及とともに一大AVブームが生まれたが、数多くのソフトイメージ路線作品でブームをけん引した宇宙企画の88年作品「サイキック・セーラー・ファンタジー 超少女ちゆきが行く」である。多くのエキストラと制作日数を費やしたこの大作AVでデビューした牧本千幸は一躍トップアイドルとなり、その後つかもと友希と名を変えて90年代後半まで活躍することになる。

その「超少女ちゆきが行く」は、明らかに大林宣彦版の「時をかける少女」のパロディーなのだが、その中のいくつかの演出上の要素が、奇妙なまでに今回の映画と一致しているのである。

短期間で何回もタイム・リープを繰り返す主人公や、勢いをつけて登場し、体操選手のように決めポーズをとるあたりにその符合を見て取れるが、決定的なのは物語の重要な場面で何回も登場する「分かれ道」だ。

「超少女~」にも、やはり分かれ道が登場し、主人公は何度もこの分かれ道を通行する。

Wakare

別に今回の作品がAVをぱくったわけではない。調べてみたところ、監督の細田守は「おジャ魔女どれみ ドッカ~ン」の中でも分かれ道を効果的に用いた演出をしているのだそうだ。分かれ道には思い入れのある人らしい。

面白いのは、メディアも時代も全く異なるクリエイティブチームが、同じ原作と映画からインスパイアされ、同じ演出に帰結している点だ。つまり、80年代末のAV界には、現在のコンテンツ界の最前線にいるクリエーターと同じ感性を持っていた人物がいたということである。

周防正行ら、ピンク映画出身の監督が現在の日本映画を支えているように、AV出身のクリエーターが活躍してもいいのではないか。しかしそんな話はあまり聞かないのはなぜだろう。みやすのんき作の「冒険してもいい頃」はAV助監督から映画監督を目差す青年が主人公だったが……。

「時をかける少女」のWEBサイト

http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

|

« 四季「キャッツ」キヨミチ軍団総攻撃 | トップページ | たこ焼きミュージアム »

コメント

世代からして
「時をかける少女」という響きは
純粋な青春時代の自分を蘇らせて
胸が痛くなる。(現在がかなり不純だから)
久々に大切にしたい作品です。
“何が?”といわれると難しいのですが。
映像的な事とか
脚本的な事とか
声優さんとか音楽とか分からないのですが
ダイレクトにココロに届いた作品でした。
大好きな作品です。

投稿: IHO | 2007年7月 1日 (日) 10時52分

この映画は相当高く評価されていますね。去年はアニメーションの当たり年だったように思いますが、今年はまだ少ないかも。下半期に期待です。

投稿: ヤボオ | 2007年7月 2日 (月) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四季「キャッツ」キヨミチ軍団総攻撃 | トップページ | たこ焼きミュージアム »