« 河崎実×筒井康隆「日本以外全部沈没」 | トップページ | 映画「デスノート the Last name」(大バレ) »

2006年10月29日 (日)

河崎実×モト冬樹「ヅラ刑事」

「日本以外全部沈没」を観た日に、同じ河崎実監督の「ヅラ刑事」を鑑賞。どちらも単館系、しかもまともな時間に上映していないものだから、「日本以外」はモーニングショー、「ヅラ」はレイトショーという体力的にはきつい2本立てだ。どちらも渋谷で上映中なので、遠方の人はレイトショーで「ヅラ」を観て、一泊してモーニングショーで「日本以外」を観るといいのではないか。

さてこの「ヅラ刑事」は、カツラを投げて敵を倒し、犯罪者を逮捕するという刑事の活躍を描いた刑事ドラマである。特撮マニアである河崎が「カツラをウルトラセブンのアイ・スラッガーのように投げたら面白い」と思いついたところからこの企画が始まったという。

小さいころ「ウルトラセブン」を観ていた人なら、アイ・スラッガーを投げたウルトラセブンがかなり残念な容姿になることはみな知っている。しかしその記憶だけでなく、その残念な印象を大人になるまで保ち続けているあたりが、河崎の非凡さを示すところだ。

この映画は「太陽にほえろ!」をはじめ、数々の刑事ドラマへのオマージュになっており、ヅラ、チビ、デブ、デカチンといった、地上波ドラマではあり得ないアダ名を持つ刑事たちが、チームワークで難事件に挑む。それぞれの肉体的な特性を生かした活躍がみどころのひとつだ。

その中でも、主役の「ヅラ」こと源田初男役であるモト冬樹が素晴らしい演技を見せている。凄腕でありながら、組織になじめず異動を繰り返すアウトロー、しかし決して周囲を威圧するわけではなく、むしろ溶け込もうと努力する中年男の哀愁を、どこか居心地の悪そうな表情と、押さえた演技で見事に表現している。驚いたことには、観ているうちに、だんだんこの男が格好良く見えてくる。最後、犯人をパトカーに乗せるシーンでは、不覚にも少し感動してしまった。

主題歌「悲しみはヅラで飛ばせ」を歌うのももちろんモト冬樹。歌のうまさも手伝って、一度聞いたら頭から離れない名曲に仕上がっている。曲調は「大都会パートⅢ」の「日暮れ坂」を思い出させるバラードだ。

♪人はヅラを かぶるときに 頭に蓋をする~

この映画を見たら最後、このフレーズが少なくとも家に帰るまで、ひどいときには翌朝目が覚めても、頭の中で繰り返されることうけあいだ。

Dura

ヅラ刑事のWEBサイト(主題歌が流れます)
http://www.duradeka.com/

|

« 河崎実×筒井康隆「日本以外全部沈没」 | トップページ | 映画「デスノート the Last name」(大バレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/12481493

この記事へのトラックバック一覧です: 河崎実×モト冬樹「ヅラ刑事」:

« 河崎実×筒井康隆「日本以外全部沈没」 | トップページ | 映画「デスノート the Last name」(大バレ) »