« 小ネタの宝庫・沖縄 | トップページ | 朝食の後の軽い… »

2006年9月10日 (日)

沖縄大衆食堂(2)「味噌汁」

2日目の朝食も食堂で食べることにした。「ちゅらさん」で田中好子が働いていた農連市場でディープな朝食をとりたかったが、日曜ということで市場は休み。そこで24時間連合の「三笠」へ行く。

Misosiru4

沖縄食堂のメニューは、一様に安い。しかし、時折その中に、明らかに割高と思えるものがある。

「味噌汁」だ。

ここ三笠でも、味噌汁は「400円」とある。定食が400円~550円のレンジなのに、味噌汁で400円は高い。

しかし、ここにも沖縄食堂のマジックが隠されている。「味噌汁」と頼んで、出てきたのはこれ。

Misosiru

メニューに「味噌汁」とある場合、それは定食のおまけで付いてくる味噌汁ではなく、独立した料理なのである。そばを入れるようなどんぶり一杯に注がれた三笠の味噌汁に入っているのは、わかめ、青野菜、ポーク、どっさりの豆腐、そして落とし玉子。これに山盛りのライス、たくあん2切れがついてくる。味噌汁が定食の主役になっているのだ。

味は基本的に普通の味噌汁だが、どこか脂っこさを感じる。それはポークから出る油か。しかし、会計のときに、カウンターに置かれた巨大なバター(マーガリン?)の容器を見つけた。

……入ってたかも。

「三笠」はゆいレール県庁前と美栄橋の間ぐらいで、国道58号線沿いにある。ショーケースが目印の24時間営業だ。

Misosiru2

Misosiru3

|

« 小ネタの宝庫・沖縄 | トップページ | 朝食の後の軽い… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/11829339

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄大衆食堂(2)「味噌汁」:

« 小ネタの宝庫・沖縄 | トップページ | 朝食の後の軽い… »