« 夕方のブセナテラス | トップページ | 食後に「シュガーケイン」 »

2006年9月12日 (火)

「龍潭」で夕食

今日の夕食は鉄板焼きの「龍潭」で。一昨年に続き2回目だ。

ここは確かにおいしいが、メインの牛肉が沖縄の産ではないので、ちょっと残念な気がしたのを思い出す。しかし昨年暮れから、この店では「石垣牛」を使い始めたという。これは期待できそうだ、と予約してやってきた。

Ryutan

店でメニューを見ると、以前は産地がばらばらだったのに、すべて石垣牛で統一されている。コースを注文して、シェフが目の前の鉄板に現れるのを待ちつつ、先付けや前菜をいただくい。

先付けは豆腐状の何かだった。

Ryutan2

前菜は魚介のマリネ、アグー豚のテリーヌ、そして「豆腐よう」だ。豆腐をアルコールで発酵させた沖縄料理である「豆腐よう」がうまかった。

Ryutan3

いよいよ鉄板焼きの食材が登場。

Ryutan4

まずはオマール海老が焼き上がった。

Ryutan5

続いてフーチャンプルー。

Ryutan6   

サラダにはよく分からない野菜がいっぱい入っている。

Ryutan7

ついにメインの石垣牛が。

Ryutan8

これはうまい。「歯ごたえがあるのにジューシイー」が石垣牛の特徴のようだ。単にジューシイーなだけなら、東京でも高いお金を出せばたべることができる。しかしそれと「肉を食べている」という充実感を刺激する歯ごたえとが共存している例はあまり見たことが、いや食べたことがない。

脂身を焦がしたものをそえたガーリックライスと、人気急上昇中の高級魚、きのうランブルフィッシュでもお目にかかった「ミーバイ」を使ったスープを。

Ryutan9

デザートは沖縄ぜんざい。小豆と麦を似たものに、白玉とアイスが乗っている。沖縄のぜんざいといえばここに山盛りのかき氷が加わるはずだが、この店ではあえて氷は使っていない。

Ryutan10

ところで、今回自分の目の前で妙技を披露してくれたシェフは、なんと2年前に焼いてくれた人と同一人物だった。三郷に住んでいたことがある、という人である。それが分かってから話がはずみ、以前からなんとか沖縄県産の牛を出したいと考えていたこと、去年の暮れにようやく契約がまとまって石垣牛を仕入れられるようになったことなどを教えてもらった。

石垣牛を手に入れた「龍潭」はかなり強力だ。これまであまりオススメしてこなかったが、これなら太鼓判といえよう。

|

« 夕方のブセナテラス | トップページ | 食後に「シュガーケイン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/11863069

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍潭」で夕食:

« 夕方のブセナテラス | トップページ | 食後に「シュガーケイン」 »