« 夕食の前の軽い…… | トップページ | 「真南風」で朝食 »

2006年9月11日 (月)

「ランブルフィッシュ」で夕食

昨年初めて入った、魚料理の「ランブルフィッシュ」。シンプルな魚料理を味わえること、まず魚を選んでから調理方法を指定する、という遊び心あるシステムが気に入ったので、今年もやってきた。

Fish

まずここで魚を選ぶ。

Fish2

ガラスの向こうでは料理人たちが忙しそうに働いている。

Fish3

今回選んだのは、野菜を含めてこの4品。

Fish5

マコモ茸のニンニク炒め

Fish6

ブラックタイガーのXO醤炒め

Fish7

グルクンと並ぶ沖縄の名魚「タマン」の薄醤油蒸し

Fish8

グルクンの唐揚げ、唐辛子と玉葱あんかけ

昨年は4000円弱だったが、今回は10000円近くなってしまった。何が間違いだったかというと、魚を選ぶとき、調理代こみの値段を見ながら選ぶのだが、それが「1匹」なのか「100グラムあたり」なのか、よく確認しなかったのだ。上で書いたようにタマンの切り身が異様に大きかったため、それがコスト要因になってしまったのである。

昼まで500円以下の食事を3食連続で取っていたが、いっきに20倍。かつてのイタリアでもこんなインフレは起きなかったに違いない。

Fish4_1 

|

« 夕食の前の軽い…… | トップページ | 「真南風」で朝食 »

コメント

お、沖縄ですか?今??
豪華旅行ですねー。
料理も旨そう…。

ヤボオさんはほんと、串カツからフレンチまでいろいろと幅広くご存知で敬服します。

投稿: fudoh | 2006年9月12日 (火) 00時10分

いやいやとんでもない。でも那覇の食堂めぐりは面白かったですよ。
東京に戻ったらお花見の準備をしなくては!

投稿: ヤボオ | 2006年9月12日 (火) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98342/11849999

この記事へのトラックバック一覧です: 「ランブルフィッシュ」で夕食:

« 夕食の前の軽い…… | トップページ | 「真南風」で朝食 »