« 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」3回目&総評 | トップページ | 串揚げ 新宿「立吉」 »

2006年8月26日 (土)

四季「オペラ座の怪人」出ました!佐野正幸ファントム

「オペラ座の怪人」に待望の新ファントム役が誕生した。四季の個性派中堅俳優として人気の、佐野正幸である。すぐにでも観たかったが、珍しく週末の予定が続いていたので3週目でやっと観ることができた。

この日のキャストは下記の通り。

オペラ座の怪人 佐野正幸
クリスティーヌ・ダーエ 沼尾みゆき
ラウル・シャニュイ子爵 北澤裕輔
カルロッタ・ジュディチェルリ 種子島美樹
メグ・ジリー 宮内麻衣
マダム・ジリー 秋山知子
ムッシュー・アンドレ 林 和男
ムッシュー・フィルマン 青木 朗
ウバルド・ピアンジ 半場俊一郎
ジョセフ・ブケー 岡 智
ムッシュー・レイエ 松下 武史
ムッシュー・ルフェーブル 川知 啓友

佐野ファントムは、久しぶりの直球派、という印象だ。最近の四季では、高井治や村俊英といった、オトナの哀愁ただよう「おやじファントム」が主流だったし、ニューヨークやロンドンで観たファントムは、幼児性を強く感じさせる「こどもファントム」だった。佐野は、その間を行く。言ってみれば「青年ファントム」だ。熱いファントムではあるが、狂気を前面に出した沢木順のファントムともまた違う。そういう意味では、映画版からオペラ座の怪人に入った人にも比較的馴染みやすいのではないか。

一幕では、比較的抑えめに演じていたように思う。それが2幕目になると次第に感情が前面に出てくるようになり、The Point of No Returnのあたりからぐいぐいと引き込まれた。最後の地下での戦いのシーンに、あんなに緊張感がみなぎっていたのは何年ぶりだろう。客席を見回すと、かなり多くの人がハンカチで涙をぬぐっていた。とにかく、最後まで目が離せなくなる。このキャスティングは大成功ではないか。

佐野はキャリアも実力も申し分ないが、あまりにもアクの強い顔をしているために(勝手な想像)、なかなか当たり役に巡り逢えなかった。しかし、このファントム役は歌声、顔(輪郭だけだが)、スタイル、身長と、どれをとってもこれまでの四季ファントムの中でもトップレベルのハマリ方である。

しばらく、海劇場にも小まめに足を運ぶことになりそうだ。

ところで、この日のクリスティーヌは沼尾みゆき、ラウルは北澤裕輔。なんとなくいいバランスの3人である。ただ、沼尾はその成長ぶりがめざましく、貫禄がついてしまって(太ったわけではない)、なんだかお母さんのようにも見えてしまった。もうすぐクリスティーヌ役は卒業かもしれない。

「オペラ座の怪人」のホームページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/operaza/index.html

|

« 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」3回目&総評 | トップページ | 串揚げ 新宿「立吉」 »

コメント

佐野ファントム観て来たんですね!
総じて好評のようで早く観に行かなければと私も思っています。

投稿: fudoh | 2006年8月28日 (月) 23時55分

そうそう、こういうファントムが見たかったんだよ!というような、ある意味オーソドックスで、いいファントムです。
ぜひ一度ご覧になってみてください。

投稿: ヤボオ | 2006年8月30日 (水) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「オペラ座の怪人」出ました!佐野正幸ファントム:

« 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」3回目&総評 | トップページ | 串揚げ 新宿「立吉」 »