« 夕食の風景 | トップページ | 櫛田神社の飾り山 »

2006年6月25日 (日)

またまた「稚加榮」へ

めぐ王女降臨のニュースに沸く(一部で)福岡に遠征を決意。勝利めざして、西へとまっしぐらだ。

昨年に引き続き、昼は料亭「稚加榮」で。去年だいたいのところは書いているので多くは語らないが、今回はデジカメを持っていたので少しはキレイな写真を撮れた。それでも貼っておこう。

入り口近くの生け簀に、イカがすいすいと泳いでいる。この2日ほど福岡は大雨だったと聞いていたので、入荷していないのではと心配していただ、ひと安心だ。

Ikesu1

これが名物の巨大生け簀。

Ikesu2

大満足の和定食(1260円)。

Wateisyoku

上の写真では分かりにくいが、どのお椀も東京のそれより1.5~2倍ぐらいの大きさで、お膳自体がだいぶ大きい。だから量的にも本当に大満足だ。明太子なんて、チューブに入っていて食べ放題である。

Mentai

イカはやはり入荷が少なかったらしく、活け作り(2000円、時価)の透明度が今ひとつのようにも思えた。おいしかったけどね。ゲソの部分は、ちゃんとうねうねと動く。

Ika

ゲソは天ぷらにしてもらう。塩焼きや唐揚げにもできる。

Gesoten

着いて早々腹一杯になっていざキャナルシティへ。

料亭「稚加榮」

http://www.chikae.co.jp/ryotei/index.html

|

« 夕食の風景 | トップページ | 櫛田神社の飾り山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた「稚加榮」へ:

« 夕食の風景 | トップページ | 櫛田神社の飾り山 »