« 四季「キャッツ」定点観測 | トップページ | 忍者イリュージョン「NARUTO」岡幸二郎オンステージだってばよ! »

2006年5月 7日 (日)

「品達どんぶり」オープン

ラーメンをテーマにしたフードパークは最近あっちこっちに出来ており食傷気味だが、そのうちのひとつ、品川駅ガード下にある「品達」が5月3日にどんぶり部門をオープンさせた。上のエントリーと下のエントリーの間に時間があったので、さっそく見物に。

親子丼や海鮮丼など5種類の店が建ち並んでいる。そのうちのひとつ、「伝説のすた丼屋」に入ってみる。

すた丼といえば、国立に本店があり、最近急速に他店舗展開を初めている店だ。いまひとつ屋号に統一感がなく、店によって「スタミナ丼の店」とか「すた丼の店」とか「スタミナ飯店」とか書いてあるが、最近できた店はこの「伝説のすた丼屋」という名称を使っているようだ。

すた丼というのは要するに豚丼だが、ニンニクの効いた味付けと、圧倒的なボリューム感が特徴だ。ニンニクの苦手な人は、見た目も値段も同じの「生姜丼」を頼む。

自分は学生時代、友人が国分寺に住んでいて、遊びにいくたびに国分寺店に行っていた。とにかく量が多いので、いつも腹を空かせている学生には有り難い店だった。ただ、店員がリーゼントをばっちり決めた気合いの入ったおニイさんばかりだったので、残したらなぐられそうで、ぜったいに食べきらなくては、と妙にプレッシャーを感じながら食べていたのを思い出す。実際にはもちろんそんなことはないが、大盛りで残すと罰金、というルールはあった。その大盛りというのが、大きめのラーメンどんぶりにテンコ盛りにしたすさまじいもので、とても手を出す勇気はなかった。

さてかなり久しぶりに食べたすた丼は、ちょっと味もボリュームもパンチが欠けるような気がした。たぶん舌も腹も肥えたからだと思う。そして値段は他の店舗より50円高い600円。これは場所代が上乗せされているせいだろうか。

Sutadon

品達どんぶりのホームページ

http://www.shinatatsu.com/donburi/index.html

すた丼のホームページ

http://www.sutadon.com/

|

« 四季「キャッツ」定点観測 | トップページ | 忍者イリュージョン「NARUTO」岡幸二郎オンステージだってばよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「品達どんぶり」オープン:

« 四季「キャッツ」定点観測 | トップページ | 忍者イリュージョン「NARUTO」岡幸二郎オンステージだってばよ! »