« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

「夢から醒めた夢」京都公演開幕

またこのテンプレートを使う季節がやってきました。

ピコ 吉沢梨絵
マコ 花田えりか
マコの母 重水由紀
メソ 飯村和也
デビル 川原洋一郎
エンジェル 藤原大輔
ヤクザ 野中万寿夫
暴走族 西尾健治
部長 田中廣臣
老人 立岡 晃
老婦人 北村昌子
夢の配達人 味方隆司

27日、「夢から醒めた夢」京都公演の幕が開いた。キャストは世間、というかネットの世界で予想されていたものとさほど相違なく、特にサプライズもなかった。しかし、覚悟していたとはいえ、そしてかなり個人的な趣味の問題とはいえ、やや不満の残るキャストである。

不満の理由その1は言わずもがなで、それを言うと自分で自分のブログを荒らすことになるので言わない。

その2。

北井久美子が出てないじゃん。

ライオンキングをいいタイミングで抜けたから、てっきり京都に入ると思っていた。ひょっとして大抜擢も?なーんて妄想までしていたのは我ながら情けないが、村岡萌絵と北井久美子のハンドベル隊、観たかったぜ!アンサンブルには中国、韓国のキャストが大量投入されたが、身体的能力が高かったり、美形だったりするので結構はまっていた。

この日の公演、全体的には初日ということでやや固さがあったせいか、どうもまとまりに欠けたというのが印象だ。ただこれだけの回数観ていると、当然評価も厳しくなってくるわけで、あまり一般的な意見とは言えないかもしれない。だがそれを差し引いても、あれほどのカーテンコールが起こる出来ではなかったように思う。

吉沢と花田、花田と重水など、2人で歌う場面で、それぞれはきちんと歌っているのにハーモニーになっていない。これはちょっとどうかと思う。もっと役者同士の組み合わせの妙にも気を配ってほしいものだ。昨年の東京ロングランでは、前半は声や見た目のバランスを考えてピコ・マコをキャスティングしていたようだが、後半はほとんどそのあたりは無視されていた。京都公演もそうなってしまうなら残念だ。

そして、言いたくはないがやはり光枝明彦がこの作品から去った穴は、想像以上に大きい。この舞台を支えていた光枝の存在感を改めて気付かされた。

しかし、この日そうしたまとまらない舞台を引っ張っていたのは、他ならぬ吉沢梨絵である。この1年で、吉沢のなんと成長したことか。ピコ役として発表されたときには、自分も含めてみな非難と失望の声を上げていたというのに。コメディエンヌとしての才能を今回の公演でもいかんなく発揮しており、課題とされていた歌もだいぶ改善されてきた。その小さな体でラオウ並みの闘気をまとい、あのだだっぴろい京都劇場の空気をリードしていた。

もはや自分にとって、ピコといったら保坂知寿ではなく吉沢梨絵。よしざわといったら吉澤ひとみではなく吉沢梨絵。吉沢○絵といったら吉沢秋絵ではなく吉沢梨絵だ。なんだかとっても痛いただのヲタになってきたのでこのヘンで。

さて、作品については今更語るべきこともないので、気付いた点を箇条書きにしておきます。

【ロビーパフォーマンス】
いったいどこでロビーパフォーマンスをするのか?が注目されていたが、ちゃんと京都劇場内でやっていた。京都劇場の無理矢理な構造をうまく生かそうという工夫がなされており、また新たな演し物(?)も追加されている。来場者参加型が多くなったようだ。リピーターも初めての人も、ロビーのあちこちで歓声や叫声を上げており、観る前から楽しい気分にさせてくれる。ここは素直に四季のクリエイティビティーを評価したいが、それが劇場内よりむしろロビーでストレートに実現される、というのは何かとんでもなく深刻な事情があるに違いない。

【飯村メソ】
いかにもパスポートを盗み平気な顔でピコを地獄に落としそうな道口メソや、情けなさ炸裂の有賀メソに比べ、いたってふつうのメソ。「メソの過ち」ではもうちょっと、あの無理のある振付by加藤敬二を派手にキメてほしかった。

【川原デビル】
光枝デビルが「魔法を捨てたマジョリン」のニラミンコをベースにしたデビルなら、こちらは「人間になりたがった猫」のスワガードをカスタマイズしたデビルだ。キモカワユなデビルである。正直、だいぶカラ回りはしていたものの、今後アタリがついてくればもっと面白くなるだろう。名人芸の域に達していた光枝と比較されると厳しいが、結局光枝デビルは光枝にしかできない。全く違ったキャラクターでもいいから、独自のデビル像を創り上げてほしいところだ。

【味方配達人】
ひょうひょうとした、なんともつかみどころのない配達人である。変な上にクドい下村配達人、ミステリアスさ漂いまくりの北村配達人に比べると、やや薄味なので物足りなさも感じるが、いい奴なのか悪い奴なのか分からない、というキャラクターは個人的に好きなので応援していきたい。もちろん、味方のデビル役も大いに楽しみだ。

【演出面】
細かい動きなどいくつか変わっているようだが、あまりよく分からない。そういえば老婦人の服装が和装に戻っていた。

【マのつく女の子】

1人追加。そうか、確かにマがつくな。

【招待者】
客席に何人か、文化人を中心にテレビで見かける顔がちらほら。でも名前の出てこない人ばっかり。年はとりたくないものだ。

【加藤敬二】
客席に入ると、後ろのほうに殺人者のオーラを感じた。振り返ってみると加藤敬二がなにやらノートに書き付けている。デスノートでも手に入れたのか?気付いた客の一人が、声をかけに歩み寄っていく。危ない、殺されるぞ!と思ったらにこやかに握手に応じていた。意外にいい奴かも。

Nec_0001_1

こいつらも来てるぞ!目立たないけど。

「夢から醒めた夢」ホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/yume/index.html

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年5月27日 (土)

北新地「曾根崎ホルモン よう太」

会社で健康診断があった。

血圧測定をしていたら、係員が「えっ」と小さく叫んだ。

医療関係の業務に携わる人は、「えっ」とか「あっ」とか軽々しく口にすべきではないと思う。

「うーん、何回計ってもかなり高い数値が出ますね。すぐに診療所で計り直してもらってください」

と言われたので、会社の診療所で再測定。

やはり高い。それも尋常なレベルじゃない。セブン上司にクギをさされたときのモロボシ・ダン状態だ。

もともと、血圧は低いほうなので、高血圧なんて気にしてなかった。なのに突然こんなに上がるなんて。

「この数字だと、普通に生活できるほうが不思議ですね。頭とか痛くならないですか?」

「はい、毎日バファリン飲んで抑えてますけど」

「だめです。薬出しますから、すぐに飲み始めてください。1週間後、検査をしましょう」

というわけで高血圧の薬を処方された。飲んだり飲まなかったりがいちばんいけないそうで、毎日きちんと飲まなくてはいけない。

それにしても、なぜ血圧が高くなる?自分は酒もタバコも全くやらない。なのに・・・。

思い当たることがあるとすれば食生活だが、これも結構気をつけている。油っこいものや辛いもの、塩を多用したものなどは避け、食べ過ぎは控えるようにしている。やはり原因が思い当たらない。

ところで、大阪にうまいホルモン焼きの店があると会社の先輩に聞いて、京都の帰り(方向逆だが)にいそいそと足を向けた。

北新地にある「曾根崎ホルモン よう太」である。

ここは店名の通りホルモン焼きが売りで、特に17種類のホルモンを盛りつけた「ビックリホルモン焼き」が名物だが、さすがにそんなに食えないと思い、5種盛り(テッチャン、ハチノス、センマイ、赤セン、ハツで980円)を注文した。

Nec_0004_1

なんだかとってもイヤな色のたれに漬け込まれた5種類のホルモンが、食欲をそそる。

七輪で焼くと、特にテッチャンの油が多く、たちまち炎が燃えあがるほとである。

Nec_0005

しかしうまい。たちまち食べ尽くし、ホルモン以外の焼肉にも手を伸ばす。「上3種盛り」(2300円)は、ロース、バラ、ハラミを盛りつけたもの。1人で食べきるにはきつい量だが、これもうまいので食べてしまう。

Nec_0006

さらに、ホルモンのテッチャンがたいそううまかったので、追加で1皿この店で一番人気の「とろテッチャン」(680円)を注文。普通のテッチャンよりさらに脂身が多い。炎が上がりすぎて、店の人が飛んできたぐらいだ。

Nec_0009

こうなるとやはりご飯もたべたくなる。ごはんとなれば、キムチ(カクテキ)とタコの塩辛も注文せずにはいられない。辛いもの、塩辛いものはごはん党には欠かせない。

Nec_0008_2

Nec_0002_1 

Nec_0007_2 

すっかり満腹になって店を出た。北新地なので入り口や近所は怪しいが、店内はこざっぱりとしており、若い店員も牛角並みにマニュアルで教育しているので、はきはきしていて気持ちがいい店だった。

それにしても、なぜ自分の血圧が上がるのか納得いかない。

「曾根崎ホルモン よう太」

http://r.gnavi.co.jp/k644700/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

SHINKANSEN☆RS「メタル マクベス」 日本演劇界の頂点へ

祝え諸君! 日本のステージエンターテイメントはついに世界に誇るレベルに到達した。

演出した新感線の総帥、いのうえひでのりは月刊シアターガイドのインタビューで「『これひょっとして、映画でも行けるんじゃないかな』と思った」と語っている。

映画なんて小さいことを言いなさるな。この作品でブロードウェーに、そして世界に打って出て欲しい。

そう感じさせてくれるほど、すさまじい出来映えである。

(以下、若干のネタバレ含みます。)

続きを読む "SHINKANSEN☆RS「メタル マクベス」 日本演劇界の頂点へ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

セガ「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」

この週末は天気も体調も悪く、柏シティーに引きこもり生活だった。

日曜の午後、少し外に出ようと駅前のビックカメラに行った。

玩具売り場の横に、セガの「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」の筐体が目にとまった。ムシキングの女の子版とも言えるこのゲームはキャラクターグッズ展開も好調で、いまや女子小学生の間で大ブームになりつつある。

向こうから父、母、小学生ぐらいの娘という家族連れが歩いてきた。父がその筐体を指さして言った。

父「○○ちゃん、ほらあれあるよ。オシャレ魔女 バツ and テリー

娘「ちがうよ! ラブ and ベリーだよ!」

普通に訂正されている。そりゃ小学生に80年代ネタは分からないだろう。ではそのギャグは妻に向けて発したつもりなのか。

母親の表情を確認すると、微動だにしていない。まあ少年マガジンは読んでいなかったのだろう。

父親の顔を見た。目が合った。

俺か?俺なのか? そのギャグを向けられたのは。

笑ってやるか? だがもし相手がそのつもりでなければ、いや例えそのつもりであっても、家族のほほえましい会話に割って入ることになる。

これ以上ヘンな人になりたくない。スルー。やはりスルーだ。

俺の表情が変わらないのを確認したのか、父親は目をそらし、家族は俺の横を通り過ぎていった。

その父親の背中に、俺は心の中でつぶやいた。

「あんた、背中が煤けてるぜ!」

Sega

オシャレ魔女 ラブ and ベリーの公式サイト

http://osharemajo.com/

バツ&テリー 作品解説

http://www.y-oshima.jp/works/batuteri.html

「あんた、背中が煤けてるぜ!」

http://www.nhk.or.jp/manga/arc/15/02/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 7日 (日)

忍者イリュージョン「NARUTO」岡幸二郎オンステージだってばよ!

5連休だが本格的に予定がない。と思っていたらひょんなことから人気テレビ番組「NARUTO」を舞台化した「忍者イリュージョン NARUTO」を観ることになった。

そのキャストが、なかなかの豪華な布陣である。

うずまきナルト 屋良朝幸
うちはサスケ 町田慎吾
我愛羅 米花剛史
コワネ 秋山純
ワカ 新妻聖子
春野サクラ 三倉茉奈・三倉佳奈
不知火ゲンマ 平田広明
コワブル・コワダカ レギュラー
はたけカカシ 岩崎大
コトノハ 岡幸二郎
綱手 愛華みれ
テウチ 尾藤イサオ

「NARUTO」はタイトルと、忍者が主人公であること、その主人公が「~だってばよ!」と話すことぐらいは知っていたが、原作もテレビも観ていないので予備知識ゼロだ。しかし新妻聖子に岡幸二郎、愛華みれ、尾藤イサオのおまけまでついているとあっては観逃す手はない。というわけで1987年の新田恵利コンサート以来、19年ぶりに五反田のゆうぽうと簡易保険ホールへ。

客席はNARUTO目当ての子供たちが4分の1、「子供が観たいから」を隠れ蓑にジャニーズ目当てに来ているお母さんたちが4分の1、純粋にジャニーズ目当てに来ているお姉様たち(年齢層:中学生~青天井)が半分といったところ。愛華みれファンも、岡幸二郎ファンもその中にまぎれてしまっている。数少ない成人男性客は、子供に引っ張られてきたお父さんと、茉奈佳奈ファン、新妻聖子ファンといったところか。

主役の4人はジャニーズ事務所の「MA(ミュージカル・アカデミー)」のメンバー。ジャニー喜多川という人は確実に変態ではあるだろうけれど、ライブ・エンターテインメントに賭ける意気込みは本物、という噂だ。1931年生まれだから浅利慶太より2歳年上だが、実はこの世代のがんばりによって、日本のライブ・エンターテインメント産業はかろうじて息を長らえている。その世代が消えたときにいよいよ深刻な危機が起きることは想像に難くない。ステージ関係者がなすべきことは、それを避けようとするのではなく、その次の世代交代、つまりテレビが万能でなくなった世代への権限委譲をなるべく早く起こすことだと考える。

新妻聖子は2003年に「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を射止めたあと、「ミス・サイゴン」のキム役もこなし、一躍東宝ミュージカルのスターになった。しかしどうも大事に育てられ過ぎている感もあり、一皮むけるには何か刺激の強い役を演じる必要があるだろうと思っていた。今回の舞台がそうなってくれればいい、と思ったが、比較的おとなしいお嬢様役だったので、あまり彼女を成長させる要素にはならなかったようだ。この段階で四季に飛び込んで修行をする、というのもいいかもしれないが、本人にとってそれが幸せかどうかは別問題。しかしクリスティーヌは無理でもソフィやベルなら十分できそう。

さて問題の岡幸二郎。演じるのはこの舞台オリジナルで、美声で歌いながら敵を殺すという、なんだか劇団☆新感線で右近健一(太る前)が演じるような役どころだ。ていうか、おまえ右近健一だろ、と言いたくなるほど、キャラクターがかぶっている。今にも「覚悟するザンスよ!」とか言いながらQUEENもどきのメロディーにのって服でも脱ぎ始めそうな気配だ。この舞台の振付が新感線も手がけている川崎悦子先生、というせいもあるのかもしれない。

ジャベール役では抑え気味に歌っていたが、今回はリミッターを外して容赦なく歌い上げる。実に気持ちよさそうだ。今回も役としてはクールな役だったが、もっとふざけた役をふっても面白かったかもしれない。コラムやインタビュー、自主公演ではジャベール役には似つかわしくないほどふざけた一面を発揮している岡である。いっそ本当に新感線の舞台にも登場してほしいものだ。

その歌を聴ける場面は多くはないが、岡ファンなら十分に観る価値はある。東京公演は14日まで。その後大阪公演が控えている。当日券も出ているようなので、岡マニアは迷わず劇場へ急げ!

全体的に、テンポのいい展開で飽きさせないいいステージだった。それなりに登場人物が多いにもかかわらず、説明的になることなく、演技の中で人物関係や世界観を明らかにしていた脚本は非常にいい出来だったといえる。そして俳優達がみな個性を生かしつつ全力で演技していたことで、観客を舞台に引き込んでいく力強い舞台になった。カーテンコールでは、NARUTOファンもジャニーズファンも関係なく、みな大満足で拍手を送っていた。

基本的にはイベントの延長線で企画された舞台なのだろうが、それでもここまでのクオリティーを出せるのは、日本のライブエンターテイメントにもまだまだ底力がある、ということなのかもしれない。見た者それぞれに、何か明るい希望を感じさせてくれる好作品である。

Gotanda

忍者イリュージョン「NARUTO」のWEBサイト

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/ninja_illusion/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「品達どんぶり」オープン

ラーメンをテーマにしたフードパークは最近あっちこっちに出来ており食傷気味だが、そのうちのひとつ、品川駅ガード下にある「品達」が5月3日にどんぶり部門をオープンさせた。上のエントリーと下のエントリーの間に時間があったので、さっそく見物に。

親子丼や海鮮丼など5種類の店が建ち並んでいる。そのうちのひとつ、「伝説のすた丼屋」に入ってみる。

すた丼といえば、国立に本店があり、最近急速に他店舗展開を初めている店だ。いまひとつ屋号に統一感がなく、店によって「スタミナ丼の店」とか「すた丼の店」とか「スタミナ飯店」とか書いてあるが、最近できた店はこの「伝説のすた丼屋」という名称を使っているようだ。

すた丼というのは要するに豚丼だが、ニンニクの効いた味付けと、圧倒的なボリューム感が特徴だ。ニンニクの苦手な人は、見た目も値段も同じの「生姜丼」を頼む。

自分は学生時代、友人が国分寺に住んでいて、遊びにいくたびに国分寺店に行っていた。とにかく量が多いので、いつも腹を空かせている学生には有り難い店だった。ただ、店員がリーゼントをばっちり決めた気合いの入ったおニイさんばかりだったので、残したらなぐられそうで、ぜったいに食べきらなくては、と妙にプレッシャーを感じながら食べていたのを思い出す。実際にはもちろんそんなことはないが、大盛りで残すと罰金、というルールはあった。その大盛りというのが、大きめのラーメンどんぶりにテンコ盛りにしたすさまじいもので、とても手を出す勇気はなかった。

さてかなり久しぶりに食べたすた丼は、ちょっと味もボリュームもパンチが欠けるような気がした。たぶん舌も腹も肥えたからだと思う。そして値段は他の店舗より50円高い600円。これは場所代が上乗せされているせいだろうか。

Sutadon

品達どんぶりのホームページ

http://www.shinatatsu.com/donburi/index.html

すた丼のホームページ

http://www.sutadon.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四季「キャッツ」定点観測

思いがけず五反田に来る用事ができたので、前日予約でキャッツシアターへ。

まずはキャスト報告。

グリザベラ 金 志賢
ジェリーロラム=グリドルボーン 遠山さやか
ジェニエニドッツ 鈴木由佳乃
ランペルティーザ 磯谷美穂
ディミータ 飛田万里
ボンバルリーナ 遠藤瑠美子
シラバブ 小粥真由美
タントミール 滝沢由佳
ジェミマ 真鍋奈津美
ヴィクトリア 宮内麻衣
カッサンドラ 増嶋あゆみ
オールドデュトロノミー 石井健三
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ 渋谷智也
マンカストラップ 田村雄一
ラム・タム・タガー キムスンラ
ミストフェリーズ 蔡 暁強
マンゴジェリー 百々義則
スキンブルシャンクス ユ チャンミン
コリコパット 塚下兼吾
ランパスキャット 幸田亮一
カーバケッティ 村瀬美音
ギルバート 千葉ヒカル
マキャヴィティ キム グヨル
タンブルブルータス 岩崎晋也

相変わらずスキンブルシャンクスは穴だ。しかし、だいぶましになってきているのも事実。最近はその名前を観るだけで見に行く気がしなくなっていたが、そこまで毛嫌いしなくてもよさそうだ。いちばんの見せ場である「夜行列車の~」のフレーズは物足りなさを感じるものの、それ以外はあまり気にならない。もう一息で合格ライン、というところまで来た。まあ本来合格ラインに達してから本番の舞台に立たせるべきだとは思うが。

初見キャストはジェリーロラム=グリドルボーンの遠山さやか、シラバブの小粥真由美。役と俳優の組み合わせでは渋谷智也のアスパラガス=グロールタイガーとキムスンラのラム・タム・タガーも初見だ。

遠山さやかはどちらかというとディミータやボンバルリーナが似合いそうなキリっとしたタイプの美人さん。歌は印象に強く残るものではないが、十分な声量がある。細かい演技を丁寧にこなしていて、グロールタイガーと初めて会って卒倒するとき、ちゃんと白眼をむいているのがいい。

小粥真由美は中村ゆりゆりを思い出させるプリチーなシラバブだ。歌が棒読み(棒歌い?)なのは実力なのか演技なのか。しかし遠山ジェリーロラムと小粥シラバブの仮想姉妹はビジュアル的に高得点なので、歪んだ男性ファンには嬉しい限りだ。

渋谷ガスは、いきなり初っ端から声がひっくり返り、その後もはらはらさせる歌いっぷりではあったものの、演技力でそれを十分にカバーしていた。ガスとグロールタイガーという2つの方向性から、ひとつの「哀愁」を掘り下げる重厚感ある演技で感動を呼ぶ。

スンラタガーはいい。すらっとした長身と、荒川務を通り越えた、城みちるのようなアイドルボイスはさぞやいいタガーになるだろう、と期待していたがほぼ期待通り。セクシーで好感の持てるタガーだった。ただ想像していたよりやや固さが残っていて、どうも無理してはじけている雰囲気もある。最近、芝タガーに阿久津タガーという、爆笑もののタガーが続いていたこともあり、笑わせなくてはいけないプレッシャーもあるのかもしれないが、タガーは別にお笑い枠ではない。自分なりのタガーを確立すればいいと思う。

グリザベラが安定感のある金志賢ということもあり、全体的にはまとまりのある舞台だった。ただ、キャスト表から受ける印象どおり「可もなく不可もない舞台」とも言える。ただ現在の四季では圧倒的に「不可」の確率が高いことを考えると、これは良いほう。リピーターには物足りないが、初めてキャッツを観る、という人を連れて行くには問題ないレベルだ。アッと驚く新キャストの登場は、しばらく期待できないのだろうか。

ところで金グリザベラはあんなにメイク薄かったっけ。なんだかサザエさんに出てくる泥棒みたいな顔になってましたが。

Sicho

ロビーの隅に、ライブ音源の視聴コーナーというのができていた。

「キャッツ」のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/cats/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月 4日 (木)

デザインとタイトルを変更しました

5連休に突入したが、金はなく、体調もよろしくなく、その結果やることがない。

暇なのでブログのデザインを、BLUEを基調とした爽やかなものに変えてみました。

考えてみるとこのタイトルにしてほぼ1年が経過したので、ついでにタイトルも変えました。

今後とも、ときどき見ていただければ幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »