« SHINKANSEN☆RS「メタル マクベス」 日本演劇界の頂点へ | トップページ | 「夢から醒めた夢」京都公演開幕 »

2006年5月27日 (土)

北新地「曾根崎ホルモン よう太」

会社で健康診断があった。

血圧測定をしていたら、係員が「えっ」と小さく叫んだ。

医療関係の業務に携わる人は、「えっ」とか「あっ」とか軽々しく口にすべきではないと思う。

「うーん、何回計ってもかなり高い数値が出ますね。すぐに診療所で計り直してもらってください」

と言われたので、会社の診療所で再測定。

やはり高い。それも尋常なレベルじゃない。セブン上司にクギをさされたときのモロボシ・ダン状態だ。

もともと、血圧は低いほうなので、高血圧なんて気にしてなかった。なのに突然こんなに上がるなんて。

「この数字だと、普通に生活できるほうが不思議ですね。頭とか痛くならないですか?」

「はい、毎日バファリン飲んで抑えてますけど」

「だめです。薬出しますから、すぐに飲み始めてください。1週間後、検査をしましょう」

というわけで高血圧の薬を処方された。飲んだり飲まなかったりがいちばんいけないそうで、毎日きちんと飲まなくてはいけない。

それにしても、なぜ血圧が高くなる?自分は酒もタバコも全くやらない。なのに・・・。

思い当たることがあるとすれば食生活だが、これも結構気をつけている。油っこいものや辛いもの、塩を多用したものなどは避け、食べ過ぎは控えるようにしている。やはり原因が思い当たらない。

ところで、大阪にうまいホルモン焼きの店があると会社の先輩に聞いて、京都の帰り(方向逆だが)にいそいそと足を向けた。

北新地にある「曾根崎ホルモン よう太」である。

ここは店名の通りホルモン焼きが売りで、特に17種類のホルモンを盛りつけた「ビックリホルモン焼き」が名物だが、さすがにそんなに食えないと思い、5種盛り(テッチャン、ハチノス、センマイ、赤セン、ハツで980円)を注文した。

Nec_0004_1

なんだかとってもイヤな色のたれに漬け込まれた5種類のホルモンが、食欲をそそる。

七輪で焼くと、特にテッチャンの油が多く、たちまち炎が燃えあがるほとである。

Nec_0005

しかしうまい。たちまち食べ尽くし、ホルモン以外の焼肉にも手を伸ばす。「上3種盛り」(2300円)は、ロース、バラ、ハラミを盛りつけたもの。1人で食べきるにはきつい量だが、これもうまいので食べてしまう。

Nec_0006

さらに、ホルモンのテッチャンがたいそううまかったので、追加で1皿この店で一番人気の「とろテッチャン」(680円)を注文。普通のテッチャンよりさらに脂身が多い。炎が上がりすぎて、店の人が飛んできたぐらいだ。

Nec_0009

こうなるとやはりご飯もたべたくなる。ごはんとなれば、キムチ(カクテキ)とタコの塩辛も注文せずにはいられない。辛いもの、塩辛いものはごはん党には欠かせない。

Nec_0008_2

Nec_0002_1 

Nec_0007_2 

すっかり満腹になって店を出た。北新地なので入り口や近所は怪しいが、店内はこざっぱりとしており、若い店員も牛角並みにマニュアルで教育しているので、はきはきしていて気持ちがいい店だった。

それにしても、なぜ自分の血圧が上がるのか納得いかない。

「曾根崎ホルモン よう太」

http://r.gnavi.co.jp/k644700/

|

« SHINKANSEN☆RS「メタル マクベス」 日本演劇界の頂点へ | トップページ | 「夢から醒めた夢」京都公演開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北新地「曾根崎ホルモン よう太」:

« SHINKANSEN☆RS「メタル マクベス」 日本演劇界の頂点へ | トップページ | 「夢から醒めた夢」京都公演開幕 »