« いきなり関西遠征 | トップページ | 四季「ファミリーミュージカル 人間になりたがった猫」 »

2006年3月 5日 (日)

四季「ミュージカル異国の丘」石丸幹二×木村花代

昨年の東京公演から下村尊則が「異国の丘」の主役、九重秀隆(ボチ)を演じてきたが、今週から石丸幹二にバトンタッチ。自分は昨年初めてこの作品に触れたが、もともと石丸の当たり役だからそれも観たい、と思っていた。しかも宋愛玲が花ちゃんだという。京都が俺を呼んでいる。というわけで昨年からもう4回目の京都劇場へ。

キャストは以下の通り。

九重秀隆 石丸幹二
宋愛玲 木村花代
吉田 中嶋 徹
神田 深水彰彦
西沢 神保幸由
大森 江上健二
杉浦 香川大輔
平井 維田修二
宋美齢 武 木綿子
李花蓮 団 こと葉
劉玄 青山祐士
宋子明 山口嘉三
蒋賢忠 中村啓士
九重菊麿 武見龍磨
アグネス・フォーゲル夫人 久野綾希子
クリストファー・ワトソン 志村 要
メイ総領事 高林幸兵
ナターシャ 西田有希

さりげなくフォーゲル夫人役で久野綾希子が登場するなど、なかなかの豪華キャストだ。

石丸ボチは、さすがこの作品のタイトルロールだけあって実に手慣れた演技だ。シベリアでの厳しい生活の中、多くの日本人が彼を慕い自然にリーダーになっていくという、そのカリスマ性においては下村に一歩譲るかもしれない。だがその表情や立ち振る舞いはまさしくプリンスであり、説得力が段違いである。

花ちゃんとの相性もばっちりだ。二人とも張りのある歌声であり、そのデュエットは耳に心地いい。そしていかにも「美男・美女」というカップルが主役を演じることで、作品の持つラブロマンスとしての側面が強調された結果、そのコントラストによってシベリア抑留という現実の大きさが、なお一層重く観客の心にのしかかることになる。

久野フォーゲル夫人は、肩の力を抜いた感じで、それが「怪しさ」を増幅させていた。“黒幕”という存在をさらっと演じてしまうあたりはさすがだ。「マンマ・ミーア!」での演技は評判が今ひとつのようだが、四季の一枚看板として「キャッツ」や「エビータ」など、多くの作品で主役を張ったそのキャリアは伊達ではない。

「異国の丘」は2回目の鑑賞だが、やはり少し長さを感じた。実際、2時間55分と長い。こういうメッセージ性の高い作品だからこそ、短い時間でテンポ良く進め、飽きさせない工夫をすることが大事なのではないか。戦争という現実の全てを伝えることは3時間かけても到底無理なのだから、説明的な部分はあえてカットし、観客がその現実に目を向けようとする「きっかけ」を効果的に与えることに力を注いだほうがいい。結果それがばりばりのメロドラマになったとしても、それはそれでいい。

いわゆる「昭和3部作」は、いずれも優れたエンターテインメントになる可能性を秘めている。四季はこれらを上演することで満足するのではなく、ほかの作品同様、上演のたびに脚本や演出を見直し、ブラッシュアップする努力を続けてほしいと思う。

kyoto4

「異国の丘」のホームページ

http://www.shiki.gr.jp/applause/ikoku/index.html

|

« いきなり関西遠征 | トップページ | 四季「ファミリーミュージカル 人間になりたがった猫」 »

コメント

というかなんというか、ただただ羨ましいです。。
○ちゃん花ちゃんコンビ、いいなぁ。。
シモさまとはちょっと違和感あったので。
京都は固定なんですかね?今行っておかないとまずいですかね?
私、一応名古屋狙いでいるんですが。
一度逃すとなかなか会えない花ちゃん…。

投稿: fudoh | 2006年3月 6日 (月) 03時24分

うーん花ちゃんまたどっかに消えるんかのう。
ポリーも見たいっすね。ジェリーロラムも・・

投稿: ヤボオ | 2006年3月 6日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「ミュージカル異国の丘」石丸幹二×木村花代:

« いきなり関西遠征 | トップページ | 四季「ファミリーミュージカル 人間になりたがった猫」 »