« アイドルコロシアム1周年記念公演「天空のアリーナ」 | トップページ | 真救世主伝説「北斗の拳」ラオウ伝・純愛の章 »

2006年3月19日 (日)

四季「キャッツ」いいぞ!阿久津タガー

2週間前に来たばかりだが、阿久津陽一郎がラム・タム・タガーを演じるというのでまた来てしまった。といわけでまずキャスト表。

グリザベラ 早水小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン 谷内 愛
ジェニエニドッツ 鈴木由佳乃
ランペルティーザ 真鍋奈津美
ディミータ 飛田万里
ボンバルリーナ 遠藤瑠美子
シラバブ 南 めぐみ
タントミール 工藤伸子
ジェミマ 王 クン
ヴィクトリア 金井紗智子
カッサンドラ 増嶋あゆみ
オールドデュトロノミー 石井健三
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ キムスンラ
マンカストラップ 福井晶一
ラム・タム・タガー 阿久津陽一郎
ミストフェリーズ 松島勇気
マンゴジェリー 百々義則
スキンブルシャンクス 李 涛
コリコパット 塚下兼吾
ランパスキャット 幸田亮一
カーバケッティ 丹下博喜
ギルバート 千葉ヒカル
マキャヴィティ キム グヨル
タンブルブルータス 岩崎晋也

この阿久津タガー、実にいい。いろいろ言いたいことがある人は多いと思うが、何というか、好みのタガーである。

やはり「つっぱり猫」ラム・タム・タガーは、本来若い役者が演じるものだろう。芝清道のタガーはすさまじい存在感で、これを観るためだけに劇場に足を運ぶ価値のあるものだが、やはり「おやじタガー」は反則技という印象がぬぐえない。そこへ若さあふれる阿久津の参上だ。はつらつとした、いいタガーだった。長身と、ほとんど人間の顔そのままのルックスがひときわ目を引く、カッコマン・タガーでもある。

もちろん、キャッツきってのおいしい役でもあるタガーは、若さだけで演じられるものではない。濃いキャラクターの、変なヤツでなければない。濃さについては、阿久津は芝に負けていない。変なヤツ加減では芝に一歩譲るものの、意味不明な奇声や擬音を発しながらくねくねと不器用に腰を振るその姿は、強烈におかしい。恒例の「タガー締め」も、豪快に決めてくれた。

もっとも、タガーは自分のソロだけでなく、オールドデュトロノミーやミストフェリーズナンバーでも重要なパートを歌うことになる。これについてはやはりまだまだ芝には及ばない。また、ダンスはだいぶひどいらしい。らしい、というのは自分はダンスがよくわからないからだ。しかしその動きは軽快だったので、踊りのテンポについてはひねくれタガーだから、ということで大目に見るということではどうだろう。

タガーにしては人がよさそう、いや猫がよさそう、という意見もあるかもしれない。悪そうなヤツを演じるといいヤツに見え、いい役を演じると悪そうに見えるのが阿久津陽一郎という役者の持ち味だ。まさにタガーにうってつけのひねくれ役者である。だから「アイーダ」のラダメスのように、善と悪とを行きつ戻りつする役はぴったりである。ならばぜひジャベールを…と縁起でもないことを。いやアンジョルラスでも…。

ほかの初見キャストとしては、谷内愛のジェリーロラム=グリドルボーン、南めぐみのシラバブ、李涛のスキンブルシャンクスなど。谷内ジェリーロラムは「むしろ小さめ」の猫だが、歌も安定しているし、何といってもグリドルボーン時の小悪魔っぽい表情が大いに萌える。南めぐみは「コロリコロコロ」だが、幕間に客席で「プクプクしすぎや」「デブ」という声を聞いたものの、それほどでもないと思う。正直に言うと、可愛いから気にならない。それに実に歌がいい。まず声が耳をくすぐるような美声であり、そしてその歌唱力も、音程をぶれさせずに声の強弱をシームレスに変える優れたもので、聞いていて快感だった。そして李のスキンブル。前回スキンブルが大きな穴だったために、もう別人であれば誰でもいいと思っていたが、李のスキンブルは明るさ、元気さだけでなく鉄道への愛着が強く感じられるいい演技だった。

カンパニーとしては、前回と比べ、芝のタガー、井上智恵のジェリーロラムといった強烈すぎる2人が抜けた一方、大きな穴を開けるキャストもおらず、まとまりという点で高く評価できる。そして何となくほのぼのとした、アットホームな雰囲気でもあった。武闘派の福井晶一マンカストラップも、この時に比べればずっと丸くなったように感じられた。

福井、阿久津ともに、「アイーダ」ではラダメス将軍を演じている。来月から福岡でアイーダが始まるため、2人のどちらか、あるいは両方ともキャッツシアターには現れなくなる可能性が高い。しかしこの2人のコンビ、もう少し見ておきたいものだ。

キャッツのページ
http://www.shiki.gr.jp/applause/cats/index.html

|

« アイドルコロシアム1周年記念公演「天空のアリーナ」 | トップページ | 真救世主伝説「北斗の拳」ラオウ伝・純愛の章 »

コメント

おー、やはり行きましたね。
阿久津タガーなかなかアジがありますよね?
私もまた観たいと思ってしまいましたもん。
ドラミちゃんバブも久しぶりに歌えるバブですよね。
同じキャッツでもこういう良い時にできればたくさん通いたいものです。

投稿: fudoh | 2006年3月20日 (月) 01時59分

今週から、なんかまた微妙なキャストになっちまいましたね。Wラダメスはともに消えてしまい。まあ一時の目を覆いたくなるような状況を考えれば・・
しかし阿久津タガーはひさびさにヒットでした。こういう新キャスどんどん出してほしいですよ。

投稿: ヤボオ | 2006年3月21日 (火) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「キャッツ」いいぞ!阿久津タガー:

« アイドルコロシアム1周年記念公演「天空のアリーナ」 | トップページ | 真救世主伝説「北斗の拳」ラオウ伝・純愛の章 »