« 搭乗時刻 | トップページ | 「出動!ミニスカポリス全国版」放送終了 »

2005年10月 9日 (日)

渡瀬恒彦「タクシードライバーの推理日誌21 殺人占いの女! 東京~飛騨高山 拉致誘拐、連続殺人…二人の母の殺意が交差する!?」

渡瀬恒彦主演による「タクシードライバーの推理日誌」シリーズは年に2回のペースなので、90年代から始まったにもかかわらず20作を越えた。今回の舞台は飛騨高山。今にも赤かぶ検事が出てきそうな展開だった。

ヒロインにして容疑者の美保純のせつない演技が印象的で、なかなか良い出来だったのではないだろうか。風見しんご演じる東山刑事らが、主人公・夜明日出夫を正座させて詰問するシーンがおかしかった。

さて、このドラマの主人公たちはこの十数年全く年をとらずにいるが、1人だけ確実に成長しているのが、夜明の娘・あゆみである。あゆみを演じているのはずっと林美穂だ。林美穂という名前に反応するのは相当なマニアだと思うが、自分にとって林美穂といったらやはりスケバン刑事Ⅲの、浅香唯や萩原流行ら風魔忍軍と敵対する「陰」の首領、翔である。実は、スケバン刑事Ⅰで斉藤由貴の少女時代を演じていたのも彼女だ。その名子役が、今や就職活動に悩む大学院生を演じている。時の経つのも早いことより、自分が成長していないことに感慨を覚える。

そういえば今回、ちょい役の悪役で出演していた四方堂 亘は、「スクール・ウォーズ」で平尾誠二をモデルにした平山誠を演じていた。その後どうも伸び悩み、もっぱら殺人犯、最近は殺人犯の容疑者ばかりになってしまった。がんばってほしいものだ。俺もがんばるから。

sekkyo

|

« 搭乗時刻 | トップページ | 「出動!ミニスカポリス全国版」放送終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡瀬恒彦「タクシードライバーの推理日誌21 殺人占いの女! 東京~飛騨高山 拉致誘拐、連続殺人…二人の母の殺意が交差する!?」:

« 搭乗時刻 | トップページ | 「出動!ミニスカポリス全国版」放送終了 »