« 劇団四季、出演予定者の公表方式を変更 | トップページ | 京都珈琲屋「コーヒークーラー」 »

2005年8月 7日 (日)

手賀沼花火大会

毎年恒例の手賀沼花火大会が、6日夜に開催された。

昨年までは、手賀沼に面している柏市、我孫子市、沼南町がそれぞれで同時に花火を打ち上げるという、自治体の財力を競うイベントだった。しかし沼南町が柏市と合併したのに伴い、打ち上げ場所は2箇所に減少。また、これまでは柏市7000、我孫子市7000、沼南町2000の合計16000発が上がっていたが、沼南町の2000がなくなり、合計で140000発という規模になった。

毎年、柏の打ち上げ会場が自分の部屋から手に取るように見えて、打ち上げ台まで肉眼で確認できるほどだったのだが、3会場から2会場になったことに伴い、この柏会場が沼の中心部へと移動し、自宅からは離れてしまった。そのため、光と音がほとんどずれない大迫力を感じることはできなくなったのは残念だ。

だがそのぶん従来はほとんど見えなかった我孫子の打ち上げ会場が柏側に寄ってくる形になったので、丘陵に隠れてしまう水中スターマインなどの低位置炸裂型の花火を除けば、14000発のほとんどを見ることができるようになった。

それにしても花火というのは毎年進化してくるものだ。今年もこれまで見たこともないようなピンクや水色といった淡い色が浮かんでいた。また、まるでチンアナゴのように水面からにょきにょきと伸びてくるものがあったりと、確実に技術革新は進んでいるようだ。

teganuma

手賀沼花火大会のホームページ

http://www.kashiwa-cci.or.jp/SOUMU/teganuma/16hanabi/160807.htm

|

« 劇団四季、出演予定者の公表方式を変更 | トップページ | 京都珈琲屋「コーヒークーラー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手賀沼花火大会:

« 劇団四季、出演予定者の公表方式を変更 | トップページ | 京都珈琲屋「コーヒークーラー」 »