« NHK教育テレビ「ツバサ・クロニクル」 | トップページ | 再起動 »

2005年7月12日 (火)

が・・・  ま・・・

体が動かなくなった。

土曜の夜、「宇宙戦争」を観た帰り、豪雨に見舞われたので家まで走ろうとしたところ、何気ない段差で足を踏み外し、派手に転んだのだ。「ド根性ガエル」でひろしがピョン吉をシャツにはり付けたときのような体勢で。

日曜はずっと寝ていた。腹筋が痛いな、というぐらいだから、寝ていれば直ると思っていた。

今朝、起きたら足首、ひざが痛くなっている。何気ないカオで出勤したが、だんだん体中が痛くなってきた。

夜になって、腹筋の痛みが本格化してきた。「内村プロデュース」を見ていたが、笑うと苦しいのでやめる。小学6年生のとき、盲腸の手術後で笑うとつらい、という同級生に、わざと「いなかっぺ大将」の単行本をお見舞いに持って行ったことがある。あんなことしなきゃよかった。ごめんなさい。

いちど座ると立ち上がれない。このまま寝たら、一生起きあがれないんじゃないか。これはいけない、とりあえずあたためようと、体を引きずって風呂に入った。

驚いた。きのうはシャワーを浴びただけで気付かなかったが、手足のあちこちにあざができている。茨城弁で言うと「青なじみ」。

これはあたためるのは間違いかも、と感じて早々に風呂から出てきたが、それでもすこし楽になった。たぶん本当に間違っている。

教訓。

30過ぎてから足を踏み外すと、痛い。

|

« NHK教育テレビ「ツバサ・クロニクル」 | トップページ | 再起動 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: が・・・  ま・・・:

« NHK教育テレビ「ツバサ・クロニクル」 | トップページ | 再起動 »