« 角川グループ60周年記念「戦国自衛隊1549」(ばれます) | トップページ | 「WE WILL ROCK YOU」日本公演 »

2005年6月15日 (水)

NHK「ファイト」及川以造再登場

「ファイト」である。

なんだか「DEATH NOTE」なみに予測不可能な展開になってきた。

主人公・優(本仮屋ユイカ)が引きこもり状態から立ち直ったと思ったら、弟・檀が家出。それも落ち着いて、ちょっとだれてきたかな、と思っていたところ今週から急展開である。

母・亜沙子(酒井法子)がいきなり浮気に走る気配。カラオケで熱唱していたのは松田聖子の「天使のウインク」だった。サンミュージックの先輩だからかな。どうせなら自分の持ち歌で「一億のスマイル」とか歌ってくれりゃいいのに。アルバムの曲だが「ファイト!」というのもあるぞ。

そしてもう出てこないと思っていた、ソフト部の新庄監督(及川以造)がびっくり仰天の再登場。なんと女性連れで駒乃館にお泊まり旅行だ。で、その相手が優の担任・真理先生(佐藤仁美)。この2人の対称的な構図が異常におかしい。監督は熱すぎるし、先生はクールすぎると感じていたが、ここへ至る伏線だったとは。恐るべし、NHK。まだまだ楽しませてくれそうだ。

ところで、及川以造といえばつかこうへいの舞台の常連で、自分も何回となくライブで観ている。シアターXの「熱海殺人事件『妹よ』」(93年)の部長刑事役が印象的だった。始めは主役だと思わせておいて、途中から実は脇役になるという微妙な役どころ。最近では広末涼子主演「飛龍伝」で学生運動家を演じていた。役名はまんま「及川」だったが、確かその通う大学は「高崎俳句大学」だった。優の通う高校も高崎市内という設定。ひょっとしてこの人・・・と思ったら山口県出身。ただの偶然だった。

佐藤仁美も好きなんである。ついこないだ、「バウンス koGALS」で女子高生を演じていたと思っていたのに・・・。しかしその妙に落ち着き払った存在感は健在。今後も応援していきたい女優のひとりだ。

nec_0044.jpg

「ファイト」のホームページ

http://www.nhk.or.jp/asadora/index.html

|

« 角川グループ60周年記念「戦国自衛隊1549」(ばれます) | トップページ | 「WE WILL ROCK YOU」日本公演 »

コメント

 うう、この回見ていなかった。
 土曜日?なんだろうな。
 みたかった~~。

投稿: フーテンの中 | 2005年6月22日 (水) 08時58分

あー惜しいです!この回、昨日までHDレコーダーに残ってたのに。

このシーンが、いまのところ「ファイト」のベストシーンかと。

そういえば、学校の廊下で真理先生が優に「ソフト、頑張ってるって聞いてますよ」と唐突に声をかけるシーンがありました。あれも伏線だったんですねえ。

投稿: ヤボオ | 2005年6月23日 (木) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK「ファイト」及川以造再登場:

» NHK連続テレビ小説「ファイト」 [ぐんぐんぐんま]
 NHKの連続テレビ小説「ファイト」が始まった。  群馬県を舞台にしており、県 [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 09時36分

« 角川グループ60周年記念「戦国自衛隊1549」(ばれます) | トップページ | 「WE WILL ROCK YOU」日本公演 »