« 四季「夢から醒めた夢」
その7 トリプルヘッダー総括
| トップページ | ジャッキー・チェン「香港国際警察 NEW POLICE STORY」(ばれ) »

2005年4月 5日 (火)

W(ダブルユー)「ふしぎ少女探偵 キャラ&メル~魔のバイオリン盗難事件~」

W主演ミュージカル。子供向けの作品だが、客席には子供の姿はあまり見あたらなかった。

モーニング娘。ミュージカルは毎年恒例になっている。初年度の「LOVEセンチュリー~夢はみなけりゃ始まらない~」はミュージカルのメソッドを教科書通りに守った、これぞまさしくミュージカルというような傑作だったが、翌年以降、ただのイベントになってしまった。しかしそれはそれでいい。

今回は両者の中間といったところだろうか。

基本的に、小さな子供が観ても、大きな友達が見ても楽しいミュージカルにしようという姿勢は感じられた。だがいかんせん脚本に力がなさすぎである。演出面では、楽器を手にしたマネキン(生き人形?)が動き出すシーンなど、はっとさせる場面も何回かあっただけに、残念だ。

そして、加護亜衣、辻希美という芸達者の2人にとって、この脚本では弱すぎる。力余ってか、アドリブ全開である。結果、イベントとしての色が濃くなってしまった。何度も言うように、それはそれでいいのだけれど、「ミニモニ。でブレーメンの音楽隊」で見事な演技をしていただけに、もっと真剣に2人が取り組む舞台を観たかった気がする。

加護亜衣の存在感は相変わらず大きい。モーニング娘。ミュージカルでも、加護が出てくると舞台の空気も、客席の雰囲気も一変する。あいぼんのことは誰もが好きなのだ。石川梨華が嫌いな人はいても、加護亜衣の嫌いな人はいない、というのは俺の名言である。

また、辻希美の身体的能力の高さには、改めて圧倒させられた。舞台の上で暴れ回るところはもちろんだが、これだけミュージカル公演を重ねれば、普通声が多少はかすれてくる。実際加護の声は少し弱っていた。ところが辻の声はまったく勢いを失わない。恐らく声帯も頑丈なのだろう。ミュージカル界に欲しい人材だ。どうですか、東宝さん。コゼット役として・・・

脇を固めるのは「仮面ライダー555」の半田健人と、「天花」ちゃんにも出ていた大島宇三郎。実は劇団四季出身だ。

cm

|

« 四季「夢から醒めた夢」
その7 トリプルヘッダー総括
| トップページ | ジャッキー・チェン「香港国際警察 NEW POLICE STORY」(ばれ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W(ダブルユー)「ふしぎ少女探偵 キャラ&メル~魔のバイオリン盗難事件~」:

« 四季「夢から醒めた夢」
その7 トリプルヘッダー総括
| トップページ | ジャッキー・チェン「香港国際警察 NEW POLICE STORY」(ばれ) »