« 四季「夢から醒めた夢」
その1 観劇前に小一時間
| トップページ | 四季「夢から醒めた夢」
その3 木村花代×花田えりか »

2005年3月27日 (日)

四季「夢から醒めた夢」
その2 ロビーパフォーマンス

「夢から醒めた夢」は、夢の中の話である。そして、その「夢」とは、「舞台」のことを指している。

夢、そして舞台という非現実空間へ、観客をスムーズに誘導するために、この作品では演出を一新した2000年の福岡公演から、「ロビーパフォーマンス」を実施している。これは読んで字のごとく、出演者が開演前に劇場ロビーでパフォーマンスを繰り広げるというものだ。アンサンブルキャストだけでなく、メインキャストを務める俳優も何人か顔を出している。

今回は、このロビーパフォーマンスが大幅に強化され、ひとつの呼び物になっている。記念写真の撮影もOKだ。というわけで、いくつかその模様を携帯カメラに納めてきた。ロビーパフォーマンスでもびっくりしたい、という方はこの先は読まないほうがいいです。

yy7
よく晴れた週末の四季劇場は、家族で訪れるにちょうどいい。

yy6
劇場外の空間で、生演奏+大道芸人のショーが始まった。

yy11
振り向くと魔法使いが・・・

yy9
劇場入り口にも装飾が施されている。

yy5
クロークの上でマネキンショーを行っているのは、アンサンブルキャストのクリスティン・ゼンダー。ベルギー出身の金髪美女だ。

yy4
輪投げはプレーしているところを見られなかった。

yy10
オルガン弾きのおじさんは、「老人」役の俳優が務める。

yy8
タップダンスを披露する兵隊たち。

yy3
マーチングドラムが練り歩く。よく見ると「部長」と「エンジェル」だ。

yy12
大人気、妖精のハンドベルコンサート。

yy1
仮面をつけた男が連れているものは・・・。

これらを横目で見つつ、劇場に入るとその中でも手品や輪投げショーなど、いくつものパフォーマンスが繰り広げられる。

|

« 四季「夢から醒めた夢」
その1 観劇前に小一時間
| トップページ | 四季「夢から醒めた夢」
その3 木村花代×花田えりか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季「夢から醒めた夢」
その2 ロビーパフォーマンス
:

« 四季「夢から醒めた夢」
その1 観劇前に小一時間
| トップページ | 四季「夢から醒めた夢」
その3 木村花代×花田えりか »