« トム・クルーズ×ジェイミー・フォックス「コラテラル」 | トップページ | 特捜戦隊デカレンジャーショー1 »

2004年11月21日 (日)

宮崎駿「ハウルの動く城」

「やっぱり宮崎駿のピークは『ルパンⅢ世 カリオストロの城』だったよな」などとぶつぶつ言いながらも、新作が公開されるたびにいそいそと観に出かけ、DVDが発売されれば特典付きで購入している宮崎作品。本音を言うとやっぱり大好きなのである。ただ宮崎作品と聞くだけで無条件にありがたがる人たちがキライなので、その本音がストレートに出せないのだろう。ふっ、こんなちょっとシャイな自分が大好きさ。

今回の作品、感想を先に言ってしまうと実に面白かった。ナウシカ以降の宮崎作品では一番好きかもしれない。まあスタジオジブリ作品の中では、最もお気に入りなのは宮崎監督ではない「耳をすませば」で、それには及ばなかったが・・・

「スチームボーイ」について書いたとき、ジブリ作品において、声優ではなく俳優を起用することには不安がある、と言った。これまであまりいい印象がなかったからである。しかし今回は違った。倍賞千恵子も木村拓哉も、素晴らしい声の演技だった。倍賞の歌うような美しい声も、木村の艶のある声も、キャラクターをよく生かしていた。過去に宮崎作品に出演経験のある美輪明宏や若人あきら、もとい我修院達也らも今回のほうがハマリ役だったように思う。

なので、木村ファンでどうしようか迷っている人は迷わず映画館に走るべし。この先を読むのは観てからにしてください。

というわけで、ここから先は大いにネタばれします。






この映画のテーマは、「色気づく年寄り」である。

作品の構図は、主人公ハウルを3人の老婆(ソフィー、荒地の魔女、サリマン)が奪い合う、というものだ。荒地の魔女はハウルに近づいたソフィーに老婆になる呪いをかけてしまうし、サリマンはハウルの気を引くために国王を操って戦争まで起こしてしまう。ソフィーは意識せずにハウルの心をゲットするわけだが、この意識せずに、というのがいちばん始末が悪いというのは「冬のソナタ」のユジンの例を引くまでもなく周知の事実であるが、そのことはまあいい。

イケメン男と老婆たちが巻き起こすスラップスティック・コメディー。年老いても色恋への情熱は衰えることはない、という悲しくもおかしい人間の本質を、暖かいタッチで描き出している。

老いらくの恋、というのは女性に限ったことでなく、そういう意味ではこの映画も「美少女と3人の老人」という構図にしても良かったのかもしれないが、それだととってもいやらしくなり、恋というより性の話になってしまう。スタジオジブリが扱うにはちょっときつい。まあメディア世代の高齢化を受けて、今後そうしたジャンルの作品は数多く出てくることになるだろうが。現代エロ小説の巨匠、睦月影郎も今年になって「孫と・・・」という作品を上梓した。

それはともかく、男だと本質的にバカなので、こういう話も妙に深刻になってしまうおそれがある。その点、女性のほうがサッパリとしているからいい。11月14日のテレビ東京「ハロー!モーニング」では、モーニング娘。の紺野あさ美演じる氷川きよしの追っかけ主婦が一瞬でヨン様追っかけ主婦になるとうシーンがあった。この軽さが肝心である。男の場合はその軽さがないので、結果的に身を滅ぼしてしまう。自分も、そうならないよう気をつけたいものだ。だから、昨日までモーニング娘。一筋だったのが、明日にはBerryz工房の握手会に参加していたとしても、批判しないでほしい(ここ重要)。

だから、結末もとてもサッパリしている。ハウルに心が戻り、3人の争いのフェーズが恋から愛に移ったとき、18歳の心を持ち、唯一そのフェーズに進む権利を持つソフィーを残し、あとの2人はきっぱりと舞台を降りるのである。老人のミーハー心をくすぐるのは、表面的なカッコよさであって、本気で氷川きよしやヨン様と付き合いたいなんて思っているわけではないからだ。

このように、内容的にはかなり軽い映画である。人と自然との共生だとか深い人類愛だとか、そんなものを求めて映画館に来た人や、子供の教育にいいと思って観に来た人はガッカリだろう。むしろ、教育には極めて悪いかもしれない。しかし、「名探偵ホームズ」などで分かるように、スラップスティックな作品は宮崎の得意分野だ。ヘンな期待をせずに観れば、大いに楽しむことのできる会心の出来だと思う。

宮崎監督は「もののけ姫」が大ヒットしたとき、どこかのテレビ局のインタビューで「もう大作はいい。うんこの映画みたいな、くだらない作品に取り組みたい」と話していた。うんこは出ないにしても、その後の作品には「ナウシカ」や「もののけ」のような気負いが感じられず、好き勝手に面白いものを作っているような印象がある。それに理由をこじつけて「立派な作品」のように評する人たちも多いが、それでは「千と千尋の神隠し」や今回の作品を十分楽しむことはできないだろう。もったいない。

何も考えず、楽しめる映画。それ以上に何を求めるというのだろう?

200411210040000

|

« トム・クルーズ×ジェイミー・フォックス「コラテラル」 | トップページ | 特捜戦隊デカレンジャーショー1 »

コメント

ヤボオさーん!アタシも今日観てきたの。すっごくおもしろかった♪そうですか、宮崎駿は「うんこの映画みたいなくだらない作品」を作りたいのですか…(笑)それ、観てみたいです(笑)『ハウルの動く城』はエンターテインメント作品としてホントに楽しかったです。もう1回は劇場で見たいな、と思いました。

投稿: ぽぽん | 2004年11月23日 (火) 21時43分

面白いという人がほかにいて安心しました。
「デビルマン」のときほどではないにしても、酷評する声が多かったので、いけねえまた世間サマを敵に回しちまったよ、と思っておりました。
こういう気軽で楽しい映画が、もっとたくさん出てきてほしいと心から願っております。

投稿: ヤボオ | 2004年11月24日 (水) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿「ハウルの動く城」:

« トム・クルーズ×ジェイミー・フォックス「コラテラル」 | トップページ | 特捜戦隊デカレンジャーショー1 »