« ツル茶んのトルコライス | トップページ | レストラン丸善のハヤシライス »

2004年6月 1日 (火)

ツル茶んのミルクセーキ

長崎のミルクセーキは、他地域のそれとは違う。

卵や練乳と一緒に、氷も混ぜてミキサーにかけるようだ。だからシェークというよりむしろシャーベット、いやカキ氷に近い。

そのため、ストローではなくスプーンが一緒についてくる。「飲むのではなく、食え」という無言の圧力である。

食べてみると、アイスクリンな感じのさっぱり味。トルコライスのボリューム感を洗い流すのは、やはりボリュームのあるミルクセーキに限る、ということか。

今回は、10歩ぐらい「ぐんぐんぐんま」に近づいた。

milk

|

« ツル茶んのトルコライス | トップページ | レストラン丸善のハヤシライス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツル茶んのミルクセーキ:

« ツル茶んのトルコライス | トップページ | レストラン丸善のハヤシライス »