« LaQua(ラクーア) | トップページ | 紀里谷和明 「CASSHERN」 »

2004年4月19日 (月)

みそしれる歌舞の会「夢の咲く地球」

千葉県を本拠に活動している「みそしれる歌舞の会」のオリジナルミュージカル公演。

研究所を脱走したロボットと、子供たちの交流を描くというので、劇団四季の「エルリック・コスモスの239時間(現題は「エルコスの祈り)」のような感じかな、と思っていた。1幕はそういう雰囲気だったが、2幕に入るとよりSF的な色彩が濃くなり、センス・オブ・ワンダーの世界に突入する。

合唱部OBを中心に結成されただけあって、みな歌がうまいのはもちろん、セリフがよく届く。かつて、自称「日本一ブロードウェーミュージカルを演じた男」の沢木順が「ミュージカルの人材を育成するのは難しい」という話をしていたが、セリフから入るより、歌から入ったほうが基礎はできやすいかもしれない。まあ市村正親のように、歌はだめでも日本一のミュージカル俳優、という人もいるわけだが、それは例外。

それにしても、ミュージカルのメソッドをきっちりと押さえた、本格的な舞台だった。

まず観た人のほとんどが感じると思うが、音楽がステキだ。自分は音楽にうとくて、それがどういいかを表現する言葉を知らないのでそこは他の人に任せるとして、途中に入る「わらべ歌」が効果的に決まっている。全体のトーンと違う曲をあえて1つ入れる、というのはミュージカルでは定石で、「エビータ」の「星降る今宵に」とか、「夢から醒めた夢」の「私は私」、「STARLIGHT EXPRESS(リニューアル版)」2幕オープニングのラップなんかがそれに当たる。お汁粉に入れる塩みたいなもので、全体の味わいが増幅するのだ。かなり音楽についての視野というか、レンジの広い人が曲を書かないと、これはできない。

構成もいい。特に、1幕の終わりから休憩、アントラクト、2幕の幕開きまでの流れが出色の出来だ。1幕のエンディングは、ロボット「ゼロ」と、それを守る子供たちの歌だが、そこにゼロを追う警察官の歌が重なる。旋律は同じで、歌詞だけ違う。この終わり方は「レ・ミゼラブル」の「One Day More」を思い出させる。「The People's Song」より好き、という人もいるほどの名曲だが、あれの場合バルジャン、ジャベール、マリウス&コゼット、エポニーヌ、テナルディエ夫妻、学生たちがそれぞれ違う歌詞を歌うので聖徳太子以外は聞き分けられない。いずれにしても、騒々しくならずにすることが肝心なので、当然アンサンブルの実力が問われる手法なんである。
休憩時間を使った時間の経過の表現も巧みだ。花を咲かせるまでの時間を表現できるのは、あそこしかなかっただろう。後半に入ると、テンポが劇的に変わる。そのギアチェンジもここでやってのけている。ストーリー展開の速さに合わせて、照明もカラーフィルターを多用するようになり、うまく観客を引きつけることに成功している。
演出の要は時間の管理だと思う。それも舞台でどう時間を流すか、ではなく客の脳の中でどう時間が流れるか、というサジ加減。これを完璧にできるのは、自由に切り貼りできる映画の世界でもそんなにいない。いわんや演劇に、である。

ところで警官役を熱演していた山下健太郎氏が、三代目桂南光(旧べかこ)のようで印象的だった。しかし、冒頭の「あり得ない、あり得ない・・・アリエナイザー出現だぜ」というギャグはいただけない。会場で俺ひとりしか笑わなかったから、目立っちゃったじゃないか。

misoshireru

|

« LaQua(ラクーア) | トップページ | 紀里谷和明 「CASSHERN」 »

コメント

冒頭に「アリエナイザー出現だぜ」なんてセリフがあったとは!貴重なシーンを見落としました・・・。

投稿: 如兄 | 2004年4月19日 (月) 17時12分

警官を演じましたけんです、はじめまして。

如兄様、もしかして午後の回を御覧になられたのではないですか?
実は午後の回は「アリエナイザー」言いませんでした。
午前の回は子供が多い事を見越し、言ってみたもののウケ無かったので&午後はオトナの方が比率が多かったのでやめたんです。
舞台ってナマモノですからね。

でも、アリエナイザーネタがわかっていただけた人が一人でもいて嬉しいっす。
僕も良くあります。回りの客が笑わないところで一人吹きだしてしまうこと…。

投稿: けん | 2004年4月20日 (火) 15時33分

けんさん、こんにちは。
私のくだらないページをご覧いただきありがとうございます。
気合の入ったいい演技でした。
HPの管理人もされているんですね。これからも頑張ってください。
今年の目標は戦隊の「黄色」になることだそうですが、今の黄色ってジャスミン様…

投稿: 信長野ヤボ夫 | 2004年4月20日 (火) 22時09分

いやいや、今年の目標ではなく、当面の目標…
来年、再来年あたりに黄色い人になれたらいいなという願望…ですかね。
いやー、狭き門狭き門。
でも今年の戦隊は個人的に最高です。(いまのところ)
あは。 …では、この辺で失礼致します。話題に出していただきありがとうございましたっ!

投稿: けん | 2004年4月22日 (木) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みそしれる歌舞の会「夢の咲く地球」:

« LaQua(ラクーア) | トップページ | 紀里谷和明 「CASSHERN」 »