« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月24日 (土)

紀里谷和明 「CASSHERN」

イカレた映画だ。

最初、この企画を聞いたときはさして食指が動かなかった。キャシャーンの実写化はそれなりに面白いと思ったが、キリなんたらいうろくでなしが作ると聞いては興味も半減だ。

それにちょっと関心が出てきたのは、ブライキング・ボスを唐沢寿明が演じると分かったとき。それはちょっと見たいじゃないか。

関心が一気に加速したのは、この紀里谷なにがしが、最後まで主役に田原俊彦を起用したいとごねて周囲を困らせていた、と週刊誌で知ったときだ。

こいつは、本格的に狂っているに違いない。これは期待できそうだ、と初日に足を運んだ。

この映画の舞台は未来ではなく、第二次世界大戦が50年以上続いている、もうひとつの現代。つまりパラレルワールドだ。

期待どおり、このパラレルワールドは大いに狂っている。最初から狂っており、狂ったままストーリーが進行し、狂ったまま終わる。その見事なイカレっぷりは実に潔く、満足度は高い。

だがそのイカレた世界と、現実の世界とを隔てているのがほんのわずかな差でしかないことが、この映画のテーマであり、メッセージだ。

そしてそのメッセージは、もうひとつの重要な意味を含んでいる。

紀里谷和明という、15歳も年下の未成年と平気で結婚するようなサイコ野郎と、俺たちの違いも実は紙一重でしかないという現実だ。

蛇足だが、映像の雰囲気や音楽の使い方なんかは映画「SPAWN」(97)に似ているな、と感じながら見ていた(あの作品を作るまでは、マーク・デュッペはジョン・ラセターを越えるCG作家になると思っていたのに・・・)。帰りにパンフレット(高い。900円もする)を読んでいたらSPAWNにも参加したスタッフがこの作品の中枢にかかわっていたことが分かった。相変わらず俺の慧眼には頭が下がる思いだ。みんなもっとホメてくれ(by 福田吉兆)。

4OKsh0261

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2004年4月19日 (月)

みそしれる歌舞の会「夢の咲く地球」

千葉県を本拠に活動している「みそしれる歌舞の会」のオリジナルミュージカル公演。

研究所を脱走したロボットと、子供たちの交流を描くというので、劇団四季の「エルリック・コスモスの239時間(現題は「エルコスの祈り)」のような感じかな、と思っていた。1幕はそういう雰囲気だったが、2幕に入るとよりSF的な色彩が濃くなり、センス・オブ・ワンダーの世界に突入する。

合唱部OBを中心に結成されただけあって、みな歌がうまいのはもちろん、セリフがよく届く。かつて、自称「日本一ブロードウェーミュージカルを演じた男」の沢木順が「ミュージカルの人材を育成するのは難しい」という話をしていたが、セリフから入るより、歌から入ったほうが基礎はできやすいかもしれない。まあ市村正親のように、歌はだめでも日本一のミュージカル俳優、という人もいるわけだが、それは例外。

それにしても、ミュージカルのメソッドをきっちりと押さえた、本格的な舞台だった。

まず観た人のほとんどが感じると思うが、音楽がステキだ。自分は音楽にうとくて、それがどういいかを表現する言葉を知らないのでそこは他の人に任せるとして、途中に入る「わらべ歌」が効果的に決まっている。全体のトーンと違う曲をあえて1つ入れる、というのはミュージカルでは定石で、「エビータ」の「星降る今宵に」とか、「夢から醒めた夢」の「私は私」、「STARLIGHT EXPRESS(リニューアル版)」2幕オープニングのラップなんかがそれに当たる。お汁粉に入れる塩みたいなもので、全体の味わいが増幅するのだ。かなり音楽についての視野というか、レンジの広い人が曲を書かないと、これはできない。

構成もいい。特に、1幕の終わりから休憩、アントラクト、2幕の幕開きまでの流れが出色の出来だ。1幕のエンディングは、ロボット「ゼロ」と、それを守る子供たちの歌だが、そこにゼロを追う警察官の歌が重なる。旋律は同じで、歌詞だけ違う。この終わり方は「レ・ミゼラブル」の「One Day More」を思い出させる。「The People's Song」より好き、という人もいるほどの名曲だが、あれの場合バルジャン、ジャベール、マリウス&コゼット、エポニーヌ、テナルディエ夫妻、学生たちがそれぞれ違う歌詞を歌うので聖徳太子以外は聞き分けられない。いずれにしても、騒々しくならずにすることが肝心なので、当然アンサンブルの実力が問われる手法なんである。
休憩時間を使った時間の経過の表現も巧みだ。花を咲かせるまでの時間を表現できるのは、あそこしかなかっただろう。後半に入ると、テンポが劇的に変わる。そのギアチェンジもここでやってのけている。ストーリー展開の速さに合わせて、照明もカラーフィルターを多用するようになり、うまく観客を引きつけることに成功している。
演出の要は時間の管理だと思う。それも舞台でどう時間を流すか、ではなく客の脳の中でどう時間が流れるか、というサジ加減。これを完璧にできるのは、自由に切り貼りできる映画の世界でもそんなにいない。いわんや演劇に、である。

ところで警官役を熱演していた山下健太郎氏が、三代目桂南光(旧べかこ)のようで印象的だった。しかし、冒頭の「あり得ない、あり得ない・・・アリエナイザー出現だぜ」というギャグはいただけない。会場で俺ひとりしか笑わなかったから、目立っちゃったじゃないか。

misoshireru

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年4月18日 (日)

LaQua(ラクーア)

船橋ヘルスセンターの21世紀版。たぶん似たような運命をたどる。
t42sh0249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのおやつ

Pastelの「なめらかマンゴープリン」。

文字どおりなめらかプリンのマンゴプリン版。これはうまい。

94年ごろ、周富徳だか譚彦彬だかが監修した、マンゴーブリンのアイスがあった。

おいしくて毎日のように食べていたが、瞬く間に消えていってしまい、残念だった。
t3ysh0247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Out of service

通信エラーを起こしてデータを受信できなかったのだな。

と思ったら、

回送電車とか、当駅止まりとかのときにこの表示がでるようだ。

また一歩、駅前留学が近付いた。
vfqsh0258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月11日 (日)

ご存じ「冬のソナタ」

地上波での放送が始まった。

1~2話は、本編の10年前となる高校生時代を描いている。

もちろん、本編の俳優がそのまま演じている。お前らどう見たって高校生じゃねえダロっていういい大人が、普通に学生服を着て演技しているのである。

この状況、何かに似ている。

そう、梅宮辰夫の「不良番長」シリーズだ。

9u6sh0238

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年4月 9日 (金)

三谷幸喜「新選組!」

伝統的な大河ドラマファンは言いたいことがあるだろう。新選組ファンはもっと言いたいことがあるだろう。ひょっとしたら三谷幸喜ファンも結構言いたいことがあるに違いない。

だが、俺は毎週楽しみにしている。

脚本の意図を演出が汲みきれていない場面も多いし、脚本そのものも完全ではないんだが、でもここまで面白ければ上々だ。

ところで、たるみ姉さんも書いているが、土方歳三役の山本耕史が図抜けていいのだ。しかも毎回良くなってくる。新選組の話で近藤勇より土方が目立ってしまうのは仕方がないが、現在のところ完全に主役を圧倒している。

この山本耕史という人、舞台出身で2回ほど観たことがある。一度は「オケピ!」の初演で、そして昨年の「レ・ミゼラブル」のマリウス役で。正直、顔はきれいだが背は低いな、というぐらいの印象しかなかった。

しかし、この人はどちらかというとテレビ向きだったのかもしれない。細かい表情やぼそっと語るセリフに独特の味がある。

「レ・ミゼラブル」のパンフレットを読んでいたら、実は同作品の日本初演(1987年)にガブローシュ役で出ていたことが分かった。さっそく87年に買ったパンフレットを引っ張り出してみると、確かに載っていた。それがこの写真である。

子役は何人かいるので、俺が観たときこの人だったかは確認するすべもないが、もしそうだったとすれば舞台で観たのは3回、ということになる。

新選組!については、山波敬助役の堺雅人など、特筆すべき点が多い。またこんど。

9u3sh0235

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年4月 8日 (木)

強いぞベイスターズ

横浜が4連勝で貯金2に。

去年は最初から最後まで借金生活だったので、これは快挙だ。

佐藤藍子が早くも選手の名前を覚え始めたという噂も。

9tzsh0232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 4日 (日)

特捜戦隊デカレンジャー ジャスミン祭り・その2 今度はセーラー服だ!

先週のつづき。いきなりジャスミン様セーラー服で登場。何というか、容赦なく核兵器を使う人たちである。

この番組、エンディングはささきいさおだし、ナレーションなんか古川登志夫ときたもんだ。

マニアを意識しているとしか思えない、というより
マニアしか意識していないと思える。

91wsh0225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和風ブランチ

昼ご飯。寒いのでマンションの二階にある喫茶店のランチを食べる。朝ご飯に近いメニューだ。
この日は鮭に大根おろし、酢の物、きんぴら、炊き合わせ、肉じゃが、味噌汁。これにコーヒーが付いて900円。

922sh0227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七年殺し世界選手権開催

こちらは柏のスポーツクラブの前にある看板。

「七年殺し」のトレーニングに励んでいる様子を写したものらしい。

91ssh0223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板つながり

柏駅西口のベッカーズ前にあった看板。

このチョベリグなネーミングには圧倒される。

そういえば「がんばれロボコン」で「パイパイパンチ」を出すのはロボワルだったか、ロボガキだったか。

91ush0224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 3日 (土)

パチスロ「北斗の拳」

最近人気らしく、よく看板を見掛ける。

この看板もそうだが、一瞬「オールヌードバトル」に見えた。ラオウとケンシロウが全裸で闘っている姿が思い浮かんだ。

また一歩、さぶに近付いた。

91qsh0222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 2日 (金)

山芋とLOVEマシーン

山芋を梅酢で浅漬けにしたもの。これを食べると、頭の中に「LOVEマシーン」がかかる。

写真はスーパーで購入したものだが、こちらでもときどき見かけるようになったのは最近のことではないか。

これを初めて食べたのは、青森の奥入瀬渓流グランドホテルだ。体験したことのない食感。しゃきしゃきとした歯触りのあと、ねっとりとした舌ざわり、それを酢が洗いながす。あまりにうまいので、聞くとホテルのオリジナル商品で、売店でも売っているという。大量に買ってきてしばらく食べ続けていた。

東北を旅行したのは99年の9月。そう、後藤真希が加入し、LOVEマシーンが驚異的な快進撃を続けていた時期だ。往復2000キロを超える長旅のあいだ、シングルCDを100回は聞いただろうか?

だから、これを食べるとその曲がかかるのである。

56odvc00174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処『出羽香庵』

ぐんぐんぐんまではない。念のため。

東京にうまいそば屋は多いが、不満なのは量が少ないことだ。

藪そばのように複数枚頼むのが前提ならいいが、そうでない場合は値段はともかく、2枚3枚と頼むのは何となく気が引ける。

その不満を解消してくれるのが、虎ノ門交差点近く、「やまがたプラザゆとり都」内にある「そば処『出羽香庵』」だ。

「板そば」を大盛りにすると、ご覧の通りのボリューム。写真では分かりにくいが、中央部がうず高く盛り上がって(フルヘンヘッド by 杉田玄白)おり、 相当食いでがある。1200円とちょっと高いが、腹いっぱいそばを食べたい、という人にはおすすめ。

洗練された味ではない。だが田舎に遊びに行ったときに、そばを打ってもてなしてくれた、という体験のある人は、きっとそんなことを思い出すだろう。

6qa56pdvc00173_i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »