« 押井守「イノセンス」 | トップページ | 津々井 ビフテキ丼 »

2004年3月22日 (月)

つかこうへい「飛龍伝」

昨年末、筧利夫と広末涼子が「幕末純情伝」と連続して主演したつかこうへい作の舞台。誰が何と言おうと、2003年のベストプレイだ。それがWOWOWで放送された。

全共闘の委員長と機動隊の隊長が繰り広げる、甘さのカケラもないヒリヒリするほどの極限の愛憎劇。つか作品の中でも「熱海殺人事件(傷だらけのジョニー版)」と並んで大好きなレパートリーだ。

筧がブラボーなのは前回公演(94年)を観て知っていたが、涼子ちゃんがまた凄まじくいい。この役のために、早稲田に体験入学したのに違いない。

ぜひ離婚後に、またこの役を演じてほしいと思う。役者の内面を全部さらけ出させるつか演出の前では、才能、そして役者の本能すなわち人格の破綻で勝負するしかないからだ。

eypsh0198

|

« 押井守「イノセンス」 | トップページ | 津々井 ビフテキ丼 »

コメント

突然のコメント失礼いたします。
私は、若者たち2014で劇中劇を観て飛龍伝に感動し、
それで、記事にある飛龍伝2003(WOWOW版)を探している者です。
もし、そちらがお持ちであれば、是非ダビングしていただきたいと思い、コメントいたしました。もちろん送料等こちらが負担しますので、なんとかお願いできないでしょうか。ダビング可能であれば、メールアドレスの方にご連絡下さい。よろしくお願い致します。


投稿: うさぎ | 2014年9月14日 (日) 18時16分

こんにちは。残念なことにすでにデータは残っていません。
飛龍伝はときどき上演されるので、ぜひご覧になっていただきたいと思います。

投稿: ヤボオ | 2014年9月15日 (月) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つかこうへい「飛龍伝」:

» WOWOW『飛龍伝』 [ジオラマ日記]
3回目のビデオ鑑賞。 広末涼子は、映画やテレビでは決してみられない本当にいい表情をしている。 神林のラストシーンは”バイタリス”をやっていたんだとはじめ... [続きを読む]

受信: 2004年3月22日 (月) 23時18分

« 押井守「イノセンス」 | トップページ | 津々井 ビフテキ丼 »