« 焼肉 平城苑 | トップページ | 美濃屋文右衛門 »

2004年2月14日 (土)

陰摩羅鬼の瑕

京極夏彦の長編。やっと読み終えた。
きっとこれで直木賞を取るんだろうと思って読み始めたものの、
歯ごたえがありすぎて、読むのに半年以上かかってたら、
そのうち「後巷説百物語」が出て、そっちが直木賞をとってしまった。

難解な部分も多いが、それも計算のうち。
全てを計算しつくした、文学エンターテインメントだ。

ちょっと筒井康隆の「ロートレック荘事件」にも似てるけど、
あれほど読みやすくありません。
時間と頭脳に余裕があるときに、どうぞ。
やっと「後巷説」にかかれるよ。


noxsh0128

|

« 焼肉 平城苑 | トップページ | 美濃屋文右衛門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰摩羅鬼の瑕:

« 焼肉 平城苑 | トップページ | 美濃屋文右衛門 »